TEL:045-624-8124

HOME > 伝統食材で蘇れ > Q&A

伝統食材で蘇れのQ&A

伝統食材で蘇れのQ&Aです。伝統食材で蘇れについてよくいただく質問についてお答えしています。

(1) 原材料についてのQ&A

Q:原材料は何ですか?

Q:原材料の食品にはどんな効果がありますか?

Q:原材料の食品は国内産ですか?

Q:原材料の食品はオーガニックですか?

Q:カロリーは?

▲Q&Aのトップへ

(2) 食べ方についてのQ&A

Q:いつ食べるのが効果的?

Q:食べる量はどのくらいが効果的?

Q:どうやって食べるのが効果的?

Q:なにかに混ぜて食べてもいいですか?

Q:美味しいですか?

▲Q&Aのトップへ

(3) 食べてもいい人ダメな人についてのQ&A

Q:食べてはいけない人は?

Q:子供が食べても大丈夫?

Q:妊娠していますが、食べても大丈夫?

Q:授乳中ですが、食べても大丈夫?

Q:薬を飲んでいますが、食べても大丈夫?

▲Q&Aのトップへ

*-*-*-*-*-*-*

Q:原材料は何ですか?

A:発芽玄米、大豆、黒ごま、緑米(みどりまい)の4つの食品です。

伝統食材で蘇れの原材料はこの4つの食品のみ。すべて日本国内で100%無農薬有機栽培で作られた食品で、日本国内で製造しています。

原材料のそれぞれ健康効果については >>

▲Q&Aのトップへ

Q:原材料の食品にはどんな効果がありますか?

A:さまざまな健康効果が満載です。

原材料である4つの食品にはそれぞれ素晴らしいはたらきがあります。その食品そのものが持っているはたらきを簡単に紹介します。

※伝統食材で蘇れの効果を保証するものではなく、食品そのものの健康効果について紹介します。ぜひ普段の食生活にも取り入れてください。

玄米(発芽玄米)

玄米は発芽させたもの(=発芽玄米)を使用しています。発芽していない玄米には体に有害な成分が含まれているからです。

玄米にはビタミンやミネラルや食物繊維が豊富。腸内環境をよくする、便秘の解消、疲労回復、老化防止、むくみの解消、新陳代謝アップ、デトックス(体の毒素を排出)、免疫力アップ、中性脂肪を減らす、血糖値を下げる、などの効果が期待されています。

大豆

大豆は必須アミノ酸をバランスよく含む良質な植物性たんぱく質をはじめビタミンやミネラルも豊富。大豆サポニン、イソフラボン、レシチン、オリゴ糖などさまざまな栄養素を含みながらも、コレステロールをまったく含まないとても素晴らしい食品が大豆です。

「デザイナーフーズ・ピラミッド」でもトップランクに位置する大豆。サラサラ効果、肝臓のはたらきをサポート、整腸作用(善玉菌が増える)、疲労回復、ダイエット、便秘の改善、中性脂肪を下げる、コレステロールを下げる、勉強や仕事の能率アップ、美肌など、多くの健康効果が期待される食品です。

黒ごま

黒ごまには抗酸化作用の高さで有名は「セサミン」やゴマにしか存在しない「ゴマリグナン」をはじめ、ビタミンE、オレイン酸、ミネラル、食物繊維などが豊富。必須アミノ酸もバランスよく含まれていて、小粒ながら栄養素が凝縮されたスーパーフードが黒ごまです。

ストレスケア、サラサラ効果、コレステロールを下げる、アンチエイジング、脳の活性化、便秘解消、ダイエット、美肌、美しい髪、女性ホルモンを整える、といったはたらきが期待できる食べ物です。

緑米(みどりまい)

古代米のひとつである緑米(みどりまい)。栽培が難しいうえに収穫量が少ないため「幻の米」と言われるほどに貴重なお米です。

「クロロフィル」が多いために淡い緑色をしています。クロロフィルはコレステロールを下げたり、抗酸化作用が期待される成分。他にも、亜鉛、マグネシウム、食物繊維もたっぷり含まれていて、血液をつくる、キレイにする、貧血を予防する、といった効果があると言われています。

▲Q&Aのトップへ

Q:原材料の食品は国内産ですか?

A:すべて日本国内産です。

原材料は「玄米(発芽玄米)、大豆、黒ごま、緑米(みどりまい)」の4種類の食品のみです。すべて日本国内で無農薬有機栽培で作られたものです。

商品の製造も、日本国内の工場でおこなっています。

▲Q&Aのトップへ

Q:原材料の食品はオーガニックですか?

A:すべて日本国内でオーガニックで栽培された食品です。

原材料は「玄米(発芽玄米)、大豆、黒ごま、緑米(みどりまい)」の4種類の食品のみ。すべて日本国内でオーガニック(無農薬有機栽培)で作られた食品です。種にこだわり、土にこだわって作られています。

▲Q&Aのトップへ

Q:カロリーはいくつですか?

A:1包(2.3g)あたり、10.1kcal です。

伝統食材で蘇れは1包あたりわずか 10.1kcal 。カロリーが気になる方、ダイエット中の方でも安心です。胃腸への負担もとても少ないので、食欲がない、食べるとお腹の調子をこわす、といった時にこそおすすめです。

ちなみに1包あたりの栄養成分はこちら。

  • タンパク質 = 0.40g
  • 脂質 = 0.38g
  • 炭水化物 = 1.27g
  • 食塩相当量 = 0.46g
  • ナトリウム = 0.138mg

▲Q&Aのトップへ

Q:いつ食べるのが効果的ですか?

A:「朝起きてすぐ」、「食間」、「夜寝る前」 がおすすめです

「伝統食材で蘇れ」は、食事の前後1時間以上あけたタイミングが一番効果的。

伝統食材で蘇れは、原材料である4つの食品の絶妙なバランスが命。食後や食前に伝統食材で蘇れを食べると、食事に含まれる食品が 「伝統食材で蘇れの命である4つの原材料の絶妙なバランス」 を崩してしまうので、効果が下がってしまうのです。「食間」などに食べてください。

伝統食材で蘇れの効果的な食べるタイミング

体や頭にエネルギーを届ける「伝統食材で蘇れ」。夜食べるよりは朝などの早い時間に食べるのがいいと思います。

朝起きてから朝ごはんまで1時間以上も時間があるのなら「朝イチ」がいいですね。朝ごはんと昼ごはんの間の「午前10時頃」もおすすめのタイミング。上の図のように、食事の前後1時間以上あけたタイミングで食べるのが、もっとも効果の高い食べ方です。

また、頭をはたらかせる前もおすすめのタイミング。アイディアを出したい仕事の前、集中して勉強する前、スポーツの前もおすすめです。

『野菜力で輝け』一緒はOK?ダメ?

野菜力で輝け』を飲んでいる方も多いでしょう。『伝統食材で蘇れ』でエネルギーの高い栄養素を入れて、『野菜力で輝け』で体の中にたまった良かれぬものを出す。相乗効果が高いですね。

ただ、別々のタイミングで摂ることがポイント。伝統食材で蘇れが朝10時頃なら、野菜力で輝けは寝る前、といったかたちです。

▲Q&Aのトップへ

Q:食べる量はどのくらいが効果的ですか?

A:毎日1包から2包がおすすめです。

大人は1日1包から2包、子供は1日1包、栄養が十分に摂れない人は1日3包、というのが目安です。

もうすこし具体的にお伝えします。ご参考に。

1日3包がおすすめな人

  • 体をこわしていて食事がほとんど食べられない
  • 体調を崩していてあまり食欲がない
  • 食事をあまり食べるとお腹の調子を崩すので、食事の量を少なめにしている

1日2包がおすすめな人

  • 頭脳労働など頭を使うことが多い
  • 受験生など勉強する時間が長い
  • 体を使う仕事なので体が疲れている
  • 外食が多くて栄養不足が気になる
  • 好き嫌いが多くて食生活がかたよっている
  • 妊婦さん
  • 授乳中のママ

1日1包で十分な人

  • 食生活には気を配っている
  • より健康的な毎日を過ごしたい
  • たまに、夕方になると少し疲れが出てくることがある
  • たまに、夕方になると頭が疲れてぼんやりすることがある

▲Q&Aのトップへ

Q:どうやって食べるのが効果的ですか?

A:そのまま噛むように食べるか、白湯に溶かして飲みましょう。

伝統食材で蘇れは、きな粉のような粉状の食品。そのまま口に入れてモグモグと噛むようにして食べるのが一番効果的です。香ばしくておいしく召し上がっていただけると思います。

そのまま口に入れて噛むようにして、というのが苦手な人は、白湯に溶かしてお飲みください。

伝統食材で蘇れに限らず 「よく噛む」 というのは健康にとてもいいこと。唾液がよく出て酵素が活性化したり、免疫が高まったり、脳も活性化したり、体のストレスも軽くなったりと、いいことづくめ。伝統食材で蘇れを食べるときも、口に入れて50回ほど噛むようにして、ゆっくりと召し上がってください。

▲Q&Aのトップへ

Q:なにかに混ぜて食べてもいいですか?

A:そのまま食べるか、白湯に溶かして飲むのがおすすめです。

伝統食材で蘇れは、原材料である4つの食品の絶妙なバランスが命。ですので、なにかの食べ物と混ぜるのではなく、そのまま召し上がっていただくか、白湯に溶かしてお飲みください。

ただし、「ウチの子に食べさせたいけど、そのまま食べるのはなかなか・・・」という場合は、あまり熱くない食べ物に混ぜてあげてください。おにぎりに混ぜたり、すこし冷ましたおかゆに混ぜてあげたり、というかたちで、お子さんが無理なく食べられるような工夫をしてあげてくださいね。

▲Q&Aのトップへ

Q:美味しいですか?

A:好みもあるでしょうが、美味しいです。

すこし香ばしいきな粉のような味で、美味しく召し上がっていただけると思います。

発芽玄米や大豆などの原材料を粉状に挽いています。その一部は焙煎してあるので、香ばしい風味があって美味しいく召し上がっていただけるでしょう。

ただ「全粒粉のパンは苦手で白いパンしか食べられない」、「玄米の味が苦手で白いごはんしか食べられない。」という人には美味しく感じられないかもしれません。そんな方は白湯やお茶に溶かして飲んでいただけたらと思います。

▲Q&Aのトップへ

Q:食べてはいけない人は?

A:原材料の食品にアレルギーをお持ちの方は控えてください。

「伝統食材で蘇れ」の原材料は、玄米、大豆、黒ごま、緑米、の4種類の食品のみです。この食品に対してアレルギーをお持ちの方は、召し上がらないように気をつけてください。

この4つの食品に対してアレルギーのない方なら、基本的にどなたが召し上がっても大丈夫です。

▲Q&Aのトップへ

Q:子供が食べても大丈夫ですか?

A:もちろん、大丈夫です。

小さなお子さんにももちろん安心してお召し上がりいただけます。

ただお子さんには、伝統食材で蘇れを「そのまま食べる」というのは難しいですよね?ですので「食事と食事の間に食べる」というのも難しいもの。だからといって食べるのをやめるよりも、食事と一緒に(おかずに混ぜるなどして)食べるほうがいいですね。

熱々の食べ物に混ぜるのはおすすめしません。おかずなどをお皿に盛って、すこし冷めてから『伝統食材で蘇れ』を混ぜてあげてください。

おにぎりに混ぜたり、カレーやシチューに混ぜたり、肉じゃがやきんぴらにふりかけたり。どんなおかずに混ぜても大丈夫。お子さんが無理なく食べられるかたちで食べさせてあげてください。

▲Q&Aのトップへ

Q:妊娠していますが、食べても大丈夫ですか?

A:もちろん、大丈夫です。

妊娠中は食べ物にはとても気を遣う時期ですね。もちろん安心して召し上がっていただけます。

原材料は日本国内で無農薬有機栽培で作られた食品のみ。加工も日本国内の工場でおこなっています。カロリーも1包あたり10.1kcalととても低カロリー。コレステロールも低いので、妊娠中にも安心です。

▲Q&Aのトップへ

Q:授乳中ですが、食べても大丈夫ですか?

A:もちろん、大丈夫です。

授乳中も食べ物にはとても気を遣う時期ですね。そんな時期にももちろん安心してお召し上がりいただけます。

原材料は日本国内で無農薬有機栽培で作られた食品のみ。加工も日本国内の工場でおこなっています。カロリーも1包あたり10.1kcalととても低カロリー。コレステロールも低いので、授乳中にも安心です。

▲Q&Aのトップへ

Q:薬を飲んでいますが、食べても大丈夫ですか?

A:大丈夫です。

伝統食材で蘇れは、玄米(発芽玄米)、大豆、黒ごま、緑米、の4つの食品を粉状にしたもの。それ以外のものは入っていません。薬を飲んでいる方でも、何の問題もなくお召し上がりいただけます。

「薬を飲んでいますが、発芽玄米を食べてもいいですか?」、「薬を飲んでいますが、大豆を食べてもいいですか?」と同じご質問だと思っていただいて結構です。

もし、原材料である玄米や大豆や黒ごまや緑米を食べないように食事制限を指示されている方は、伝統食材で蘇れも控えたほうがよいと思います。

その他のご質問は お問い合わせフォーム より気軽にお聞かせください。

伝統食材で蘇れのご注文はこちら

6000円以上で全国送料無料・代引手数料も無料です

平日朝10時までのご注文で即日出荷WEB注文がお得で便利

伝統食材で蘇れ

お支払方法はクレジットカード払い、代金引換、銀行振込がご利用いただけます

お買い物ガイド >> ログイン >>

ご注文

※平日朝10時までのご注文で関東より即日出荷します(土日祝お休み)

お買い物ガイド