ジェムペーストを口内炎に塗ってみました

口内炎にジェムペースト 商品情報

こんにちは。ナチュラルハーモニーの斉藤豊です。

ジェムペースト(無添加の歯磨き粉)の全成分とその効果についての資料を、読みなおしていた時のことです。

「この成分にこんな効果があったんだ!じゃ、ジェムペーストを口内炎に塗ったらいいかも!

と、たまたまその時にできていた私の口内炎にジェムペーストを塗ってみました。

さて、その結果、どうなったのでしょう???

ジェムペーストにこんな効果のある成分が!

ジェムペーストは天然由来成分100%。石油系成分も、界面活性剤も、研磨剤も、フッ素も、すべて不使用。ジェムペーストに含まれる天然由来成分がそのはたらきを全部してくれます。

そのほかにも、インフルエンザ・ウイルスをわずか5分で不活化(感染力をなくす)したり、ノロウイルスを不活化したり。

歯周病や虫歯の原因となる菌を殺菌し、その後も高い抗菌力で細菌から守ってくれたり。

ジェムペーストの成分のなかで、どの成分がどのはたらきをしているのか、読み直していたんです。

  • 唾液の分泌をうながす
  • 虫歯の原因となる歯垢をつきにくくする
  • 歯の再石灰化をうながす
  • 歯の表面をコーティングする
  • 歯ぐきの血行を促進する
  • 歯ぐきを引き締める
  • 虫歯菌をおさえる
  • 抗菌・防腐・抗酸化作用
  • 歯周病の原因菌やカンジダ菌に対する効果を発揮

あらためて、ジェムペーストに含まれる天然由来成分にはいろんなはたらきがあるんだなぁ、と感心していたところ・・・

炎症をおさえる効果のあるアロエ

アロエエキス:口腔内のうるおいを保って、炎症をおさえる

グリチルリチン酸2K:植物の甘草から抽出した成分。歯周炎(歯槽膿漏)の予防、歯肉炎の予防

「炎症をおさえる」、「歯肉炎の予防」。ということは、もしかしたら・・・

「ジェムペーストを口内炎に塗ったらいいんじゃない?」

口内炎に塗ってみました

ちょうどそのタイミングで、私、口内炎があったのです。たぶんアフタ性口内炎。

ちなみに、口内炎のタイプや対策について別の記事でまとめていますので、あわせてご覧ください。
口内炎の4つの原因と今スグできる予防法とは?

ごはんを食べていてつい噛んでしまった時にできる「カタル性口内炎」になることはあっても、自然とできてしまう「アフタ性口内炎」にはあまりなったことがありません。

原因は、過労、栄養不足、睡眠不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、生理の前、妊娠中など。あてはまるような、あてはまらないような。。。

ともあれ、見た感じではアフタ性口内炎っぽい。

アロエエキスの「炎症をおさえる」という効果。グリチルリチン酸2Kの「歯肉炎の予防」という効果。

なんとなく、口内炎にいいような気がして、試しに、ジェムペーストを塗ってみました。

1日に3回くらい塗ってみた

ジェムペーストを米粒2粒ほどを指先にとって、口内炎に直接塗ってみる。仕事の合い間に1日2回から3回くらいでしょうか。

インフルエンザの時期にはよくジェムペーストを舐めていたので、直接口に入れる、というのにはなんの抵抗もありません。

市販の歯磨き粉を使っていた頃を思い出すと、その歯磨き粉を口の中に塗るなんて絶対にしないような・・・。

ジェムペーストなら純粋に「美味しい!」。ミントのジェルを食べているようなものなので、違和感どころか爽快感ですね。

最初の2日間は変化なし

塗り始めて2日間は見た目ではほぼ変化なし。プクンと膨れています。ただ痛みはやわらいできたような気がしたので、塗り続けるモチベーションになりました。

もちろん、口内炎の薬など飲みませんので、

  • ジェムペースト
  • 自然治癒力

この2つのチカラだけですね。

4日たったころには痛みはほぼゼロに

4日たったころには、なんとなく口内炎も引いてきたように見えました。

何もしていなければ痛みはゼロ。口を大きくあけたり、ご飯を食べたりしても、痛みはほとんど感じなくなりました。

あとは勝手に治るだけ。とは思いましたが、ジェムペーストを塗るとどんな感じかな?というテストも兼ねて、もう少し、1日2回から3回塗り続けてみました。

そして、ジェムペーストを塗り始めて一週間後。

ジェムペーストを塗り始めて一週間

塗り始めて一週間。

とはいえ、4日目からは痛みもほとんどないことに横着しまして、鏡を見ることもなく「チョッチョッチョ!」と塗って、はいっ、終わり。

もちろん、口を大きく開けても、ご飯を食べても、なんともない。

ジェムペーストを塗り始めて一週間たった日。

「そういえば、口内炎がどうなってるか、ちゃんと見てなかったなぁ(汗)」

と思い、鏡の前で口を大きく開けてみると・・・

「あれっ、口内炎、どこ行った???」

口内炎、どこにも見当たりません。

アフタ性口内炎。一般的には、

「2週間たっても治らなかったら医師に診てもらうのがおすすめ」

ということなので、1週間で治ったのが早いのか普通なのかはわかりません。

1週間で治ったのが「ジェムペースト」のおかげなのか「自然治癒力」のおかげなのか、わかりません。

もし次回またアフタ性口内炎になったときに「今度は自然治癒力だけで治そう」としたところで、その時のストレス状態も疲労度も免疫力も今とは違う。なので、比べても意味がありません。

ただ、もしまた口内炎になったらせっせとジェムペーストを塗るような気がします♪

気がついたら消えていた

プアーナジェムペースト も、愛和株式会社さんが開発・製造している商品。

愛和さんが作るものは、ジュエルレメディ(宝石の波動)が入っていたり、不思議なチカラの治療家さんや内科医の先生が開発に携わったりしているせいか・・・

不思議な効果が満載です♪

私の眉に「お豆」みたいなものができた時も、プアーナを塗っているうちに、ある日、

「あれっ、なくなってる!」

足のウラにできた魚の目にプアーナを塗っていた時も、歩くのがすこし楽になったなぁ~、痛みもなくなってきたなぁ~、って思っていたある日、

「ポロッ。あれっ、取れた!」

今回の口内炎も、ジェムペーストを塗っていたら、

「あれっ、どこ行った???」

不思議です。でも、なんの効果はわかりません。プアーナを塗らなくても、ジェムペーストを塗らなくても、同じ結果かもしれません。

でも私は次回も塗ると思います。イメージしながら。

面白いな、と思った方はぜひ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました