入浴は効果満載!シャワーでは得られない6つのスゴい効果をご紹介!

お風呂に入る女性 入浴法

入浴はあらゆる健康効果にあふれています。

ゆったりと湯船につかって入浴する人と、シャワーだけで済ます人とでは雲泥の差。ゆったりと入浴することで6つもの健康効果を得ることができます。

「入浴は自宅での治療タイム」とも思えるほど体の治癒力を高めてくれる入浴の効果について、わかりやすくお伝えします。

夜シャワーだけで済ますのも疲れや不眠の原因

シャワーだけで済ます女性

「疲れがとれない、寝つきが悪い、ぐっすり眠れない・・・」

そんなお客様と話すとき、必ずこんな質問をします。

「毎日ちゃんと湯船に入浴してます?」

「いえ、シャワーだけで済ますことが多いです。」

「それは疲れが取れない大きな原因です。湯船にゆったりつかる入浴は副交感神経にしてくれる ので、体は回復モードに切りかわって眠りも深くなって、疲れも取れるんです。

でもシャワーだけで済ますはその正反対。シャワーは交感神経にする ので、体は活動モードになるんです。だから、寝つきが悪い、、眠りが浅い、疲れが取れない、ということになるんですよ。」

「え、そうなんですか?」

「そう、だから朝のシャワーならいいんですよ。シャキッと目が覚めて、頭もスッキリして、サクサクと活動できるモードになるでしょう。でも夜は湯船につからないと。」

入浴の効果(1)副交感神経に

湯船につかって入浴する女性

入浴の時間、湯船にゆったりつかっている時間は、一日の疲れダメージから回復してくれる最高の治療時間。それだけ湯船につかることは、健康面でのメリットがたくさんあるのです。

入浴は副交感神経を活性化させて、体がじんわりと深くほぐれて血行が良くなります。

体がほぐれる、というのは副交感神経がはたらいている証拠。マッサージされて眠たくなるのも、「ほぐれる → 副交感神経がはたらく → 眠たくなる」という流れです。

「体がほぐれる」というのは、回復するための「根幹」とでも言うべき重要なこと。ほぐすことなくして、健康は望めません。

シャワーではじんわりと芯までほぐすことができません。湯船につかる入浴ならしっかりほぐれて血行がよくなります。栄養や酸素が全身に運ばれるだけでなく、疲労物質や老廃物もスムーズに排出されるようになるでしょう。

入浴の効果(2)体内酵素が活性化

入浴は体内酵素のはたらきも活性化してくれます。

私たちが生きていく上で必要なすべての活動には「酵素」がかかわっています。

手足を動かすにも、頭で考えるにも、胃で食べ物を分解するにも、血液が酸素を運ぶにも、腸が栄養を吸収するにも、すべて「酵素」がかかわっています。逆に言えば、酵素がなくなった瞬間、私たちの命は終わりをむかえます。

これほど重要な酵素。体温によってはたらきが大きく変わります。体温の低い人は酵素のはたらきが弱いですし、高い人は酵素が元気にしっかりはたらきます。

ビタミン・ミネラル・炭水化物などは「材料や道具」。酵素が「作業員」です。

あなたの体が工場だとしますね。同じ道具や材料を与えられたとして・・・

  • 作業員さんがみんな元気モリモリはたらく工場
  • 作業員さんがみんなダラダラはたらく工場

どちらがいいですか?

元気モリモリの工場は体温が高い人のこと。ダラダラな工場は体温の低い人のこと。

湯船に10分ほどつかると、体温は1度から1.5度ほど上昇します。このとき体内酵素も活性化。パフォーマンスが高くなります。シャワーだけで済ますとこうはいきません。

じっくりと湯船に入浴して体温を上げれば、体内酵素が活性化!

疲労回復、新陳代謝、体の修復、免疫アップ、基礎代謝のアップ、などたくさんの効果が期待できるのです。

スポンサーリンク

入浴の効果(3)水の浮力で体の負担が軽くなる

湯船の中では浮力がはたらきます。浮力によって体重も普段の10分の1ほどに感じます。つまり、体重が60キロの人は、お湯の中では6キロに感じるということ。

そんな軽い体を支えるのはとてもラクですよね?

特に、毎日60キロの体重をささえる足腰にとって、たった6キロを支えればいい瞬間はほっと一息つける貴重な時間。

ズンッと体重が重たく乗っかっている時と違って、入浴中はフワッと軽やか。その中で筋肉はほぐれて、関節は本来あるべき場所へと戻って、ゆがみも解消されていきます。

いつも体重や活動を支えるために固く緊張している筋肉にとって、入浴は貴重なリラックスタイムなのです。

入浴の効果(4)リラックス効果

体だけでなく、気分もリラックスできるのが入浴の大きな効果。

朝から忙しく過ごして、夜もシャワーだけで済ます、・・・これではゆっくりする時間がありません。湯船にゆったりと入浴し深呼吸。これだけでもすいぶんとリラックスできます。

ストレスはあらゆる体調不良の元凶。気分がゆったりできる時間を過ごしてストレスを解消して、回復を促進させましょう。

入浴の効果(5)眠りが深くなる

眠っている女性

入浴と関係が深いのが睡眠。シャワーだけで済ますと眠りは浅くなりますし、お風呂につかって芯まで温まる入浴なら眠りは深くなります。

湯船でゆったり温まれば、入浴後は体温はすこしずつゆっくりと下がります。この体温が下がっていくタイミングに眠気があらわれます。

このタイミングで眠りにつけば、寝つきもよくなりますし、眠りも深くなります。入浴後、1時間たった頃でしょうか。

お風呂でしっかり副交感神経に切り替えて、その流れで眠りにつく。これなら、睡眠中の疲労回復や新陳代謝がとても高まって、朝には疲れの消えたフレッシュな体になるでしょう。

入浴の効果(6)その他にも効果いろいろ

ダイエット効果を感じている女性

入浴の効果はまだまだたくさんあります。

すこし熱めのお風呂に10分間で、ジョギング20分に匹敵するカロリー消費。ダイエット効果もあるということです。

また、体の汚れも落ちやすくなります。10分間湯船に入浴すれば汚れの8割は落ちるとか。キレイになるだけでなく、体臭予防にも効果的です。

お風呂での体温上昇は、酵素の活性化というメリットだけではありません。免疫力アップにも効果を発揮。体温が1度上がれば免疫力は6倍になるとも!

平熱を1度上げるのは一朝一夕にはできませんが、毎日ゆったりと入浴して体温を上げることで、体温が上がりやすい体へと変化していきます。

入浴で得られる6つの効果:まとめ

入浴で得られる6つの効果をお伝えしました。

  • 副交感神経(=回復モード)に切りかえる
  • 体内酵素を活性化
  • 水の浮力で体の負担を軽くしてほぐす
  • リラックス効果
  • 眠りが深くなる
  • ダイエットや免疫力アップも

寒い冬はもちろんですが、暑い夏こそ疲れがたまりやすいもの。シャワーだけで済ますのではなく、しっかりと入浴して体をいたわってあげましょう。

◇ ◇ ◇

こんなに疲れがとれるなんて!

背中から鉄板がとれたみたいに軽くなった!

だるくてガチガチ。何を試してもダメだった私が1ヶ月でスッキリ!

ストレスは筋肉を固く緊張させて、疲れがとれない、いつも体が重い、ぐっすり眠れない、なんとなく体調が・・・といった状態に。

その 固い筋肉をほぐせば回復がぐんぐん進み、体も心も軽やかでいられます。

ストレッチしたり、軽い運動をしたり、深呼吸したり、お風呂にゆったり入ったり、自分で体をもんだりして、こまめにほぐしてあげてください。

また 自分でより深くほぐす方法もあります。自宅で簡単、誰でもすぐできる方法ですので、あわせてご覧ください。
自宅で簡単にほぐす方法 ~しっかりほぐれて体ラクラク~

タイトルとURLをコピーしました