酵素の多い食品と間違えやすい本当の食べ方とは?

酵素の多い野菜いろいろ

生きるために不可欠な「酵素」。でもその食べ方では、その生活習慣では、貴重な酵素がムダになっているかもしれません。

呼吸をする、体を動かす、食べた物を消化する、考える・・・。私たちが生きていく上でおこなっているすべての生命活動に「酵素」がかかわっています。

そんな酵素って何? 酵素はどんなはたらきをするの? 酵素がムダに消費されてしまうのはどんな時? 酵素の多い食品は? いつ食べるのが効果的? など酵素についてわかりやすくお伝えします。

酵素とは?

私たちの体は、食べたもので作られています。もっとも寿命の長い細胞でも、6ヶ月で新陳代謝によって生まれ変わります。私たちの体の中では、さまざまな化学反応によってエネルギーが作られ、細胞が生まれ変わり、体を修復し、生命を維持しています。

体のなかで起こるすべての化学反応には、さまざまな種類の酵素が不可欠です。

ビタミンも、ミネラルも、食物繊維も、たんぱく質も大切です。でも、栄養素をいくらたくさんとっても、酵素がなければエネルギーに変わることはありません。

酵素は作業員

ちょっとわかりやすく説明しますね。あなたの体を工場にたとえると・・・

  • 炭水化物やたんぱく質や脂肪・・・原材料
  • ビタミンやミネラル・・・道具や機械
  • 酵素・・・作業員

工場のなかに、材料がたくさんあって、道具や機械がたくさんあっても、作業員が不足していれば、作業はなかなか進みません。製品ができあがらないだけでなく、次々に入荷する材料が工場の中にたまってしまいます。

これがあなたの体だったらどうでしょうか?

食べ物が体に入ってくるのに作業員である酵素が不足していれば、食べた物の消化吸収も代謝も進みません。エネルギーが作られずに疲労や不調をかかえるだけでなく、次々に入ってくる食べ物が中性脂肪(ぜい肉)となって体の中にたまってしまいます。

私たちが本来の健康な状態で生きていくために必要な作業のすべてに、酵素がかかわっているのです。

酵素のはたらきとは?

酵素のおもなはたらきは「食べたものの消化」と「新陳代謝」の2つ。

風邪をひいたり、体調が悪い時、食欲がなくなりますよね?これは体内にある酵素を「新陳代謝=体の回復」のためにだけ使いたいから。

その時にたくさん食べると体の中の酵素は「食べた物を消化すること」に使われてしまうので、「体を回復する作業」に十分な酵素を使えなくなって、回復が遅くなります。

そこで、酵素を「食べた物の消化」ではなく「体の回復作業」に使うために、食欲をなくさせているのです。

「空腹と発熱は世界でたった2人の名医だ」

「空腹と発熱は世界でたった2人の名医だ」と断言するのは、自然療法を実践しているドイツの医科大学のイセルス教授。これも酵素のはたらきがポイントなのです。

・空腹・・・酵素を食べた物の消化に使わず、新陳代謝(体の回復・再生)に専念させる

・発熱・・・酵素が活性化する環境(温度)にして、体の回復を活発にする

「食欲が出てきたから、もう大丈夫ね」というのは正解。「無理してでも、ちゃんと食べないと良くならないわよ」というのは間違いです。

体内で作られる酵素には限度がある

酵素は私たちの体内でも作られています。

ただし、一生で作られる酵素の量には限度があります。体の中から酵素がなくなった時、命は終わりをむかえます。ということは、元気で長生きするために大切なことは・・・

  • 酵素をムダに消費しないこと
  • 酵素を食品から補給すること

そこで次は、酵素をムダに消費しているのはどんな時?酵素の多い食品とは?についてお伝えします。

スポンサーリンク

酵素をムダに消費しているのはどんな時?

酵素は「食べた物の消化」と「新陳代謝」に使われますが、なかでも特に大量の酵素が使われるのが「デトックス」。

  • 外食の多い人
  • お菓子が好きな人
  • ファーストフードが好きな人
  • 食品添加物をあまり気にしていない人
  • 市販の洗濯洗剤、食器洗剤、シャンプーなどを使っている人
  • むくみやすい人
  • 薬を飲んでいる人
食品添加物やトランス脂肪酸や合成の界面活性剤など

化学物質である合成界面活性剤、農薬、食品添加物、重金属、といったものをデトックスするために大量の酵素が使われているのですね。

良からぬものを体に入れないように、食品選び、生活用品選びに気をつけるとともに、酵素の多い食品を意識して摂るようにしたいもの。そこで次は、酵素の多い食品についてお伝えします。

酵素が含まれている食品とは?

酵素は40度くらいの温度でもっとも元気にはたらいてくれます。しかし高熱に弱く、48度以上になるとはたらきが失われてしまいます。

前述の「工場」のたとえで言うと・・・

40度くらいの温度では作業員(=酵素)が元気モリモリはたらいてくれる。でも48度になると「あちぃ~、だりぃ~」となって作業員が全然はたらいてくれない。

つまり、加熱した食品は酵素のはたらきがまったく期待できない、ということです。

酵素があるのは「生の食品」と「発酵食品」のみ

酵素は48度以上に加熱されると活性を失う(=はたらかなくなる)。酵素のはたらきを摂るには「生の食品」か「発酵食品」を食べる以外に方法はありません。

・生の食品・・・生野菜、果物、お刺身など

・発酵食品・・・納豆、キムチ、漬物、味噌、しょうゆなど

今日食べたもの、昨日食べたものを振り返ってみると、生の食品や発酵食品をほとんど食べていない人も多いのではないでしょうか?

貴重な酵素を補うためにも、生の食品や発酵食品を食生活に取り入れたいもの。では酵素を多く含む食品についてお伝えします。

スポンサーリンク

酵素の多い食品(1)果物

酵素の多い食品はパパイヤ、パイナップル、イチゴ、キウイ

酵素が含まれている生の食品。生野菜、果物、お刺身などがありますが、なかでもオススメなのは果物です。

果物には酵素がたっぷり含まれています。一年中いろんな果物が手ごろな値段で手軽に手に入りますし、そのまま食べるだけなので忙しい人にも大丈夫。

果物の中でも酵素の多い果物は、パパイヤ、マンゴー、パイナップル、イチゴ、キウイ、バナナ、リンゴ などです。

ここで注意!

酵素がたっぷりの果物を 「食後に食べている」 というあなた!せっかくの酵素がムダになっています。では、果物はいつ食べるのが一番効果的なのかというと・・・

食後はNG!果物は空腹時や食前に!

果物の酵素を最大限にいかすためには、果物は「食後」ではなく、「食間(食事と食事の間)などの空腹時」や「食前(食事の30分前)」に食べてください。

食べた物の消化はたいへんな作業で、時間もかなりかかります。あくまでも目安ですが消化にかかる時間を紹介すると・・・

  • 野菜・・・1時間~2時間
  • ごはんやパン・・・4時間~6時間
  • 肉・・・8時間~12時間
  • 果物・・・30分

普通の食事は、食べてから4時間、6時間、8時間かけて胃から腸へと届きますが、果物はたったの30分で腸に届くのです。なぜなら、果物にはたっぷりの酵素が含まれているから。

そして腸にとどいた酵素は本領を発揮!お腹の中をキレイにしたり、後からくる食ベ物をしっかり分解吸収してくれます。

でも、食後にフルーツを食べてしまうと、前を行くごはんやおかずにジャマされて、胃で立ち往生。すると胃の中で発酵が始まってしまって、

  • 果物の栄養素が吸収されない
  • 先に食べた物を腐敗させてしまう
  • 胃酸が弱くなって消化不良をおこす
  • 食べた物を分解しきれず、太る
  • 胃にガスがたまる
  • 腸で悪玉菌が増える
  • その結果、胃もたれ、胸やけ、便秘、下痢、肌荒れなど

といったデメリット満載となってしまうのです。

果物を食べるなら空腹時か食前。それがなかなか難しい人はせめて「食事の時にまず果物から食べる」 といった工夫がおすすめ。まず果物を食べて、それからおかずやご飯を食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

酵素の多い食品(2)発酵食品

酵素の多い発酵食品は味噌、納豆、キムチ、ヨーグルトなど

発酵食品にも酵素は豊富に含まれています。納豆、キムチ、漬物、味噌、しょうゆ、ヨーグルトなどですね。発酵の期間が長いものほど酵素のはたらきが強く、からだにも有用にはたらきます。

一般的なスーパーで売られている手ごろな価格の味噌やキムチは発酵期間が短く、酵素の効果はさほど期待できないかもしれません。

信頼できる味噌蔵やキムチ専門店などで買われたほうが、発酵期間も長く、酵素もより豊富に含まれたものが手に入るのではないでしょうか。

発酵食品も食事の最初に

発酵食品もフルーツと同じように「空腹時や食前」が効果的。空腹時に納豆だけ食べる、味噌だけ食べる、というのは難しいでしょうから、食事の時に発酵食品から食べるのがいいですね。

まとめ

酵素とはなにか? そのはたらきとは? 酵素を浪費してしまうのはどんな時? そして、酵素の多い食品と効果的な食べ方について、お伝えしました。

健康、美容、ダイエット、アンチエイジング、デトックス。私たちが元気で心地よい毎日を過ごすために欠かせない酵素。ムダ使いをせずに、食品から効果的に補うように心掛けたいものですね。

さて・・・、目覚めがよくない、疲れがとれない、体が重たい、だるいというあなた。体が固くなっていませんか? 体をしっかりほぐせば流れもよくなって、美しく健康的な体へと変わっていきます。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をしっかりと深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれてぐんぐん元気に♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

タイトルとURLをコピーしました