食べる時間で大違い!キウイの9つの効果、食べ方、食べる量とは?

キウイフルーツ

キウイは栄養素がギューッと凝縮されたスーパーフルーツ。ビタミンC、ビタミンE、カリウム、葉酸、食物繊維、アクチニジン、ポリフェノ-ルなどが豊富なうえに低カロリーなんです。

健康効果が満載のキウイも、食べる時間や食べ方によってその効果が激減することも。

そこで、キウイを食べる時間、ゴールドキウイとグリーンキウイの比較、キウイのいろんな効果、夜キウイの方法などについてわかりやすくお伝えします。

キウイを食べる時間はいつがベスト?

キウイフルーツを食べるタイミングはいつが一番効果的なのでしょうか?

果物といえば「朝が効果的」というイメージもあるでしょう。また、食後のフルーツは逆効果となるので食事の少し前がいい、ということも知られてきました。

と考えると「朝食の30分くらい前に食べるのがいいかな」ということになりそうですが・・・

キウイを食べるタイミングで一番効果的なのは「夜」。

夜といっても、夕食をキウイフルーツに置き換える、ということではありません。夕食はいつも通りに食べてください。そして、

  • 寝る1時間ほど前に、
  • 常温のキウイフルーツ1つを、
  • コップ1杯の常温のお水と一緒に食べる

という方法が効果的なのです。

夜に食べるのが効果的な理由とは?

午前0時頃は腸のはたらきが一番活発になる時間。「腸のゴールデンタイム」とも呼ばれています。そして夜にキウイフルーツを食べておくと、午前0時頃の腸のゴールデンタイムにキウイが消化されます。

キウイフルーツには「アクチニジン」という特有の酵素がたっぷりと含まれていて、肉や魚のたんぱく質の分解を強力にサポート。このおかげで腸で消化吸収されやすくなるのです。

体内酵素のはたらきは「消化」と「代謝」。消化がスムーズに進めば進むほど、新陳代謝も促進されるので、疲労や不調の回復も進みますし、ダイエットにも美肌づくりにも効果を発揮。

なので、キウイを食べる時間は夜の寝る1時間ほど前が効果的なのです。

朝キウイを食べない方がいい理由とは?

「朝の果物は金」といわれるように、果物に含まれるビタミンや果糖や水分が眠っていた体を目覚めさせてくれます。

また午前中は「デトックスタイム」と言われ、体内の老廃物などを排出する時間。朝にキウイフルーツをはじめ果物を食べること自体は、体にとってはいいことなのですが・・

問題は「日焼け」や「シミ」。

キウイフルーツには「ソラレン」という光毒性のある成分が含まれています。朝キウイフルーツを食べた後に紫外線にあたると、日焼け・シミ・くすみなどの原因になるのです。

腸のゴールデンタイムが夜中の0時頃であることとソラレンによる光毒性を考えると、朝キウイではなく、夜キウイがおすすめということになりますね。

ゴールドキウイとグリーンキウイはどっちが効果的?

ゴールドキウイとグリーンキウイ

キウイフルーツにはゴールドキウイとグリーンキウイがあって、どんな栄養素が多いかに違いがあります。

ゴールドキウイに豊富な栄養と健康効果

ゴールドキウイに豊富な栄養素はビタミンC。グリーンキウイの2倍のビタミンCが含まれているとも言われ、ゴールドキウイ1個でレモン8個分のビタミンCが摂れるほど豊富に含まれています。

抗酸化作用、ストレスケア、免疫力を高める、美肌、アンチエイジングなどにおすすめです。

グリーンキウイに豊富な栄養と健康効果

グリーンキウイに豊富な栄養素は、食物繊維、カリウム、アクチニジン、有機酸(クエン酸、リンゴ酸、キナ酸など)。

特に食物繊維はバナナ3本分も含まれているほど豊富。善玉菌を増やしてくれる水溶性の食物繊維も、便のカサを増やしてお通じをよくしてくれる不溶性の食物繊維もたっぷり含まれています。

腸内環境を整える効果、便秘の解消、消化促進、胃もたれの解消、疲労回復効果、ダイエットなどにおすすめです。

このように、得たい効果が何なのかによって、ゴールドがいいのかグリーンがいいのかを選んでみるのがいいですね。

では、スーパーフルーツであるキウイがもつ9つの効果についてわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

キウイの効果(1) ダイエット

ダイエットした女性

キウイの効果といえばダイエットという人も多いのではないでしょうか。

ダイエット中に意識して摂る栄養素がたんぱく質。でもそのたんぱく質がしっかり消化吸収されずに消化不良をおこすことも少なくありません。

そこで、キウイに多く含まれている「アクチニジン」というたんぱく質分解酵素が活躍。特に夜キウイなら、夜中の0時頃の「腸のゴールデンタイム」にしっかりと消化を促進してくれます。

さらにキウイには2種類の食物繊維が豊富。善玉菌のエサとなって善玉菌を増やしたり、便のカサを増やしてお通じをスムーズにすることで、腸内環境を整えてくれます。

グリーン?ゴールド?

ダイエットには、アクニジンと食物繊維が豊富なグリーンキウイがおすすめです。

キウイの効果(2) 腸内環境を整える

腸内環境を整えることでスッキリしたお腹

腸は「第2の脳」とも言われ、腸内環境は免疫力のかなめでもあります。しかし毎日のストレスや食生活の乱れや運動不足から腸内環境が乱れている人が増えています。

キウイには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類の食物繊維が豊富。

  • 水溶性食物繊維 = 善玉菌のエサとなってはたらきを高める。善玉菌を増やす。
  • 不溶性食物繊維 = 腸の中で水分を吸って便のカサを増やしてお通じを促進。有害物質を排出する。

といったはたらきによって、腸内環境を整えてくれます。

さらにアクチニジンという酵素がたんぱく質の消化・分解・吸収を促進。ビタミンCはストレスから体を守って、腸内環境が乱れるのを防いでくれます。

グリーン?ゴールド?

腸内環境が乱れている原因は何なのかによって、グリーンかゴールドか選びましょう。

  • 食生活の乱れが気になる人 → グリーンキウイ
  • ストレスが気になる人 → ゴールドキウイ

「どっちもあてはまるんですけど?」という方、グリーンとゴールドを半分ずつ食べてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

キウイの効果(3) 便秘を解消

キウイの便秘解消効果もやはり2種類の食物繊維が豊富に含まれていることによるもの。

・水溶性の食物繊維・・・善玉菌のエサとなります。善玉菌が増え、善玉菌のはたらきも高まる。そのおかげで腸の中での消化吸収が促進されます。

・不溶性の食物繊維・・・腸の中で水分を吸って大きくふくらみます。不溶性食物繊維は10倍にも数十倍にも膨れ上がるといわれるほどで、便のカサをしっかりと増やしてお通じをスムーズにしてくれます。

キウイと一緒に飲むコップ1杯も便のカサを増やすサポート。腸のゴールデンタイムを前に、夜のキウイとコップ1杯の水で便秘を解消しましょう。

グリーン?ゴールド?

便秘の解消にはグリーンキウイがおすすめ。食物繊維がバナナ3本分ととても豊富で、水溶性食物繊維も不溶性食物繊維もバランスよく含まれているのがグリーンキウイです。

キウイの効果(4) むくみを解消

むくみの解消されたふくらはぎ

キウイにはカリウムも多く含まれています。

カリウムの多い食べ物といえばバナナというイメージも多いでしょう。でもキウイもバナナよりは少しすくないものの、カリウムがたっぷり含まれているのです。

カリウムのおもなはたらきは、体の中の余分や水分やナトリウムを排出すること。

水分やナトリウムを排出することで、むくみの解消にも、高血圧の予防や改善にも効果的。一緒に老廃物を排出してくれるので、デトックス効果も高い果物なのです。

グリーン?ゴールド?

ゴールドキウイのほうがカリウムが若干多く含まれているようですが、ほとんど差がありません。お好きなキウイをお選びください。

スポンサーリンク

キウイの効果(5) 胃もたれ解消・消化促進

胃もたれを感じる女性

胃もたれの解消や消化を促進する効果も、キウイに多く含まれているたんぱく質分解酵素「アクチニジン」のおかげ。

アクチニジンが肉や魚などのたんぱく質をしっかりと分解。消化・吸収を助けてくれるので、胃腸の負担が軽くなって胃もたれの予防や解消に効果的です。

特に夕食にお肉や魚を食べすぎた時や脂っこい食事をした時は、しばらくおいてからキウイを食べるようにしましょう。

また夜キウイを続けていくと、キウイに豊富に含まれる2種類の食物繊維が腸内環境を整えてくれるので、胃もたれしにくい体へと変わっていきます。

グリーン?ゴールド?

アクチニジンが多く含まれるのはグリーンキウイ。胃もたれ解消には夜寝る1時間ほど前にグリーンキウイを食べましょう。

キウイの効果(6) 疲労回復

疲れがとれて目覚めさわやかな女性

疲労回復効果は、クエン酸やリンゴ酸といった「有機酸」のはたらきのおかげ。酸味のさわやかなキウイには、いろいろな有機酸が含まれています。

クエン酸は疲労回復に効果の高い成分。お酢、オレンジなどのかんきつ系の果物、リンゴ、トマト、梅干しといった食べ物に多く含まれていますね。キウイにもたっぷりと含まれています。

リンゴ酸はクエン酸の効果を高めるはたらきがある成分。クエン酸とリンゴ酸という2つの有機酸のおかげで、疲労回復の効果がさらにアップするのです。

疲れがたまっている時、運動した日などは、夜キウイで疲労を回復しましょう。

グリーン?ゴールド?

クエン酸やリンゴ酸などの有機酸が多いのはグリーンキウイ。疲労回復にはグリーンキウイがおすすめです。

スポンサーリンク

キウイの効果(7) 美肌・美白

美白で美しい肌の女性

美肌・美白といえばビタミンCですね。キウイにはビタミンCが非常に豊富。なかでもゴールドキウイ1個でレモン8個分のビタミンCが摂れるほどたっぷりと含まれています。

ビタミンCはシミの原因であるメラニン色素が沈着するのを防いでくれます。またコラーゲンの生成を促進するはたらきで、キメの整った弾力あるお肌を作ってくれます。

さらにビタミンEも豊富なキウイ。ビタミンEは抗酸化作用も高く、血管のお掃除役でもあります。

血管をキレイにして血行が良くなるので、栄養も酸素も体温も全身に行き届きます。新陳代謝が促進されて、くすみのないハリのある美肌作りをサポートしてくれます。

グリーン?ゴールド?

美肌・美白にはビタミンCが豊富なゴールドキウイが効果的です。

光毒性のある「ソラニン」という成分を含むキウイ。朝に食べると日焼けやシミの原因となりますので気をつけてくださいね。

キウイの効果(8) アンチエイジング

キウイにはポリフェノールもたっぷり。抗酸化作用の高いポリフェノールは老化や病気の元である活性酸素を除去してくれます。

また同じくキウイに豊富に含まれるビタミンCも抗酸化作用の高い栄養素なので、ダブルでアンチエイジングに効果的ですね。

ちなみに、キウイの果肉にも種にもポリフェノールは含まれていますが、特に多いのが皮の部分。皮の部分(皮と果肉のさかいめの部分)には、果肉の3倍のポリフェノールが含まれているとも言われています。

なので、ポリフェノールの効果をまるごといただくためには、皮ごと食べるのが効果的なようです。

キウイを皮ごと食べる習慣なんてないでしょうから、最初はジューサーで丸ごとジュースにして飲むのもいいかもしれませんね。ともかく、ストレスケアや健康面だけでなく美容面も含めたアンチエイジング効果が期待できる果物なのです。

グリーン?ゴールド?

大きな差はないかもしれませんが、ゴールドキウイのほうがポリフェノールが多く含まれているようです。

キウイの効果(9) 妊活中や妊娠中にも

妊娠している女性のお腹

妊活中や妊娠中のママにはバランスよく栄養を摂ることがとても大切。なかでもこの時期に意識して摂るのが「葉酸」ではないでしょうか。

葉酸のはたらきは、細胞分裂をおこなう時に必要なDNAを形成するサポート。わかりやすく言いかえると、葉酸はお腹の赤ちゃんが元気にスクスクと大きくなるために必要な栄養素、ということです。

特に、妊娠して第12週目まではママの体内に葉酸がしっかりある状態が望ましい。とはいえ、妊娠がわかるのは8週目前後。早くても4週目でしょうか。

ということは「妊娠したら葉酸を摂る」のではなく「子供を授かりたいと思ったら葉酸を摂る」というのがおすすめです。

熱に弱い葉酸は生の食べ物で!

葉酸は葉物野菜にも多く含まれますが熱に弱い栄養素。生のまま食べられるキウイならしっかりと葉酸を摂りいれることができますね。

  • グリーンキウイ1個 → 38μg
  • ゴ-ルドキウイ1個 → 31μg
  • 妊娠中の葉酸の1日の目標摂取量 → 400μg

キウイ1個で十分!とは言いませんが、ふだんの食生活にキウイをプラスして、葉酸を補給してはいかがでしょうか。

グリーン?ゴールド?

大きな差ではないですが、グリーンキウイのほうが葉酸が多く含まれています。ゴールドキウイの1.2倍ほどですね。

スポンサーリンク

夜キウイの食べ方、食べる量

夜キウイの食べ方はかんたん。

  • 寝る1時間ほど前に、
  • 常温のキウイフルーツ1個か2個を、
  • 常温のコップ1杯のお水と一緒に食べる

キウイの酵素は常温時に活性化します。冷蔵庫で冷やしたキウイではなく常温のキウイを食べましょう。

一緒に飲むお水も常温のものがおすすめ。お水を一緒に飲むことでキウイの酵素が活発にはたらいてくれます。

まとめ

ビタミン、ミネラル、食物繊維、ポリフェノール、有機酸、酵素、といった栄養満載のスーパーフルーツ、キウイ。

ダイエット、腸内環境を整える、便秘・むくみ・胃もたれの解消、疲労回復、美肌・美白、アンチエイジング、そして妊活中や妊娠中の体をサポートするなど、健康効果にあふれています。

お値段も手ごろで食べるのも簡単。1年を通して手に入りやすいキウイを毎日の健康生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

最後に、大切なことがもう1つ。

最後に、もう1つ大切なことがあります。

  • ストレスを強く感じていませんか?
  • 肩こり首こりがひどくないですか?
  • 背中がガチガチではないですか?
  • 体が重たいと感じていませんか?
  • 寝つきが悪くないですか?

あてはまる人は、せっかくの栄養が吸収されにくい体かもしれません。

食べ物の栄養を消化・吸収するのは副交感神経のはたらき。

でもストレスの多い人は副交感神経が十分にはたらいていません。ストレスで食欲がなくなるように、胃腸のはたらきが弱くなるからです。

副交感神経をはたらかせるためにはストレスを減らすこと。といっても簡単ではないでしょうから、

・食べ物・・・食物繊維、酸っぱいもの、からいもの、発酵食品は副交感神経を活性化

・お風呂・・・すこしぬるめの湯船にゆったりつかる

・有酸素運動・・・散歩、ウォーキング、ジョギングなど

・深呼吸・・・息を吐く時に細く長く

・体をほぐす・・・固くなった体をほぐして流れをよくする

このような方法で副交感神経をはたらかせて、栄養を吸収しやすい体へと変えていきましょう。

なかでも、マッサージを受けたり自分でマッサージしたりと、固くなった体をほぐすことは非常に効果が高いと感じています。なぜなら・・・

マッサージされて 「あ~気持ちいい~」 と、トロ~ンと眠たくなった経験ありませんか?

マッサージされて気持ちよく眠っている女性

「眠たくなった」=「副交感神経に切りかわった」ということ。マッサージが始まってわずか10分や20分で体がしっかり変化するほど、体をほぐすことは効果的なのです。

月1回、月2回のマッサージもいいですが、なにより大切なのは毎日続けること。ストレッチしたり、湯船やお風呂あがりに自分の体をもみほぐしてくださいね。

体を深くほぐす天然由来のジェル 「プアーナ」

「毎日続けられる安心な方法で、こわばった体をほぐせないだろうか?」

「誰にでもできる簡単な方法で、自分の体を深くほぐす方法はないだろうか?」

そんな思いから、自分で、簡単に、時間もかけずに、安心して、そしてしっかりと深くほぐす方法として生まれたのが、天然由来成分100%の全身用ジェル『プアーナ』

プアーナ

「長年のコリやだるかった体が夢のように!」

「背中から鉄板が2枚とれたみたいにうんと軽くなった!」

「何を試してもダメだったガチガチの母が “これはすごい” って!」

「いつもの疲れが残ってないんです!」

使い方はただ全身に塗るだけ。お風呂あがりや夜寝る前が効果的です。塗りながらもみほぐせばさらに効果的。

口に入っても大丈夫な安全性で、赤ちゃんにも妊婦さんにも安心してお使いいただけます。

ガチガチの体から、しなやかで流れのよい軽やかな体へ。やさしく深くほぐす『プアーナ』もあわせてお役に立てたらうれしいです。

あなた本来の健やかな体で心地よい毎日を過ごされますように。

しっかりほぐしてぐんぐん元気に!『プアーナ』くわしくはこちら >>

タイトルとURLをコピーしました