ゴールドキウイの栄養がすごい!その高い栄養価と8つの効能は?

ゴールドキウイに多い栄養素は?

ゴールドキウイといえばビタミンCの宝庫。グリーンキウイの2倍で、食べ物のなかでもトップランクの含有量です。

ほかにも栄養も効能もぎっしり。どんな栄養素が多いのか、ご存じですか?

これからお伝えする内容を読むと、

  • ゴールドキウイにはどの栄養素が多い?
  • ゴールドキウイを1個食べると1日に必要な栄養素の何%が摂れる?
  • 健康効果はなに?
  • どんな人こそ食べるといいの?

といったことが手に取るようにわかります。ゴールドキウイの栄養を上手に活用して元気な毎日を過ごしましょう。

なお、グリーンキウイの栄養価と効能はこちらでくわしく紹介しています。
グリーンキウイの栄養がすごい!その栄養価と8つの効能とは?

ゴールドキウイに含まれる栄養素

ゴールドキウイにはどんな栄養素が多いのでしょうか?

栄養価についてのページでよく「ゴールドキウイ100gに葉酸が32μg含まれていて……」などと書かれていたりしますが、

  • ゴールドキウイ100gって、どのくらいの量かわかります?
  • 葉酸が32μgって、多いのか少ないのかわかります?

そこで、

「ゴールドキウイを1個」食べると1日に必要な栄養素の何%が摂れる?

どの栄養素が多い?どんな効果が期待できる?

というかたちで、ビタミン → ミネラル → 食物繊維 の順にお伝えしていきます。

▼ ゴールドキウイ1個=100グラム
ゴールドキウイは1個が約120g。皮やヘタを除くと可食部は100gほど。キウイはたまたま1個の重さが100gちょうどでした。

一度にゴールドキウイ1個を食べなくても 「朝と夜に半分ずつ食べる」など、1日に1個食べた場合にどのくらいの栄養がとれるのか、参考になさってください。

ゴールドキウイ

ゴールドキウイに多いビタミンは?

まずはビタミン。

ゴールドキウイ1個を食べると 女性の1日に必要なビタミンの何%が摂れるのか をグラフにしてみました。

ゴールドキウイ1個で女性に必要な1日のビタミンの何%が摂れる?

女性の1日の目標量に対してゴールドキウイ1個に多いビタミンは……

ビタミンC140.0%
ビタミンE41.7%
葉酸13.3%
ビタミンB612.7%

ゴールドキウイは身近な食べ物1食分で比較しても、ビタミンCの量がトップ。1個食べるだけで1日に必要な量を超えるビタミンCが摂れてしまうんです。

【関連記事】ビタミンCの多い食べ物、実はコレ★1食分あたりで35位まで!

次いで多いのは、サラサラ効果と抗酸化作用のビタミンE。そして葉酸・B6・ナイアシンなどビタミンB群が多いですね。

男性にとって1日に必要なビタミンの何%が摂れるか のグラフはこちら。

ゴールドキウイ1個で男性に必要な1日のビタミンの何%が摂れる?

では次に、ゴールドキウイには どんな「ミネラル」が多いのか をお伝えします。

スポンサーリンク

ゴールドキウイに多いミネラルは?

ゴールドキウイを1個食べると 女性にとって必要なミネラルの何%を摂ることができるのでしょうか。

ゴールドキウイ1個で女性に必要な1日のミネラルの何%が摂れる?

ゴールドキウイ1個=100g
ゴールドキウイは1個が約120g。皮やヘタを除くと可食部は100gほどです。

女性の1日の目標量に対して、ゴールドキウイ1個に多いミネラルは……

カリウム15.0%
10.0%

血圧ケアとむくみ解消のカリウム、貧血や動脈硬化を予防して骨や血管を強くする銅、が多いですね。

男性の場合はこちら。

ゴールドキウイ1個で男性に必要な1日のミネラルの何%が摂れる?

ビタミン、ミネラルと紹介しましたので、次は食物繊維。

ゴールドキウイ1個を食べると どのくらい「食物繊維」を摂ることができるのか をお伝えしてから、ゴールドキウイの8つの健康効果を紹介します。

スポンサーリンク

ゴールドキウイに食物繊維は多い?

食物繊維は水溶性と不溶性の2つに分かれています。

・水溶性食物繊維:海藻のヌルッとした食感の部分や果物に多いのが水溶性食物繊維血圧・中性脂肪・コレステロール・血糖値などの生活習慣病予防、便秘解消に効果を発揮。

・不溶性食物繊維:ポソポソ・ザラザラした繊維質が不溶性食物繊維。野菜やきのこや未精製の穀物に多い。有害物質の排出、便秘解消、ダイエットなどに効果を発揮。

では、ゴールドキウイ1個で 女性に必要な食物繊維の何%を摂ることができるのでしょうか?

ゴールドキウイ1個で女性に必要な1日の食物繊維の何%が摂れる?
水溶性食物繊維8.3%
不溶性食物繊維7.5%

食物繊維の量はグリーンキウイのほうが上。

ゴールドキウイと比べると、グリーンキウイは水溶性食物繊維が1.4倍、不溶性食物繊維は2倍も含まれています。

ざっくりと比べると……

ビタミンCならゴールドキウイ。食物繊維ならグリーンキウイ。

美容と風邪予防とストレスケアならゴールドキウイ。便秘解消や腸内環境ならグリーンキウイです。

男性の場合はこちら。

ゴールドキウイ1個で男性に必要な1日の食物繊維の何%が摂れる?

では、

ゴールドキウイに多い栄養素にはどんな効能がある?

私たちはその栄養素がちゃんと摂れている?

スポンサーリンク

ゴールドキウイに多い栄養素にはどんな効果があるの?

ゴールドキウイ

女性の1日の目標量に対して、ゴールドキウイ1個に多い栄養素の上位5つがこちら。

ビタミンC140.0%
ビタミンE41.7%
カリウム15.0%
葉酸13.3%
ビタミンB612.7%

では順番に、その栄養素をどのくらい補えるのか、どんな効果があるのか、についてお伝えしていきます。

ビタミンC

ゴールドキウイにもっとも多い栄養素はビタミンC。風邪を予防し、ストレスから守り、貧血を予防し、肌を美しくし、とあらゆる効能のある栄養素です。

ゴールドキウイのビタミンCの量は?

ビタミンCの1日の目標量は
女性も男性も100mg

ゴールドキウイ1個(100g)の
ビタミンCの量は、140mg

なので、ゴールドキウイ1個のビタミンCは 1日の目標量の140%になります。

ところで……

「私たちはビタミンCが足りている?」

「毎日の食生活にゴールドキウイ1個をプラスしたら、どのくらい増えるの?」

女性の場合はこちら。

ゴールドキウイ1個を追加するとビタミンCはどのくらい増える?

女性目標量の96%のビタミンCが摂れています。ゴールドキウイを1個食べると一気に140%も増えるので、合計で236%もの量になります。

男性目標量の91%と不足ぎみ。ゴールドキウイ1個で140%も増えると合計で231%にまでなります。

ビタミンCの効果は?

ビタミンCにはさまざまなはたらきがありますが、おもな効能は次の7つ。

  • 風邪や感染症を予防する
    (免疫力を高める)
  • 活性酸素を除去して老化や病気を予防
    (抗酸化作用)
  • 鉄分の吸収を助けて貧血を予防する
  • 血管・皮膚・骨を強くする
  • コレステロールをおさえる
  • シミを防いで美肌・美白に
  • ストレスから守る

ビタミンCが不足するのはストレスが多い人や体調を崩している時。

また、ビタミンCは体内にためておくことができず、数時間で排出されてしまいます。

ストレスが多い、体調がいまひとつ、風邪をひきたくない、といった時はゴールドキウイを活用したいですね。

そのほかビタミンCの多い果物はこちらで紹介しています。
ビタミンCが多い果物はコレ!20位までランキングしました!

ビタミンE

ゴールドキウイ

ゴールドキウイに2番目に多い栄養素はビタミンE。サラサラ効果と抗酸化作用が高く、血管を若々しくしてくれる栄養素です。

ゴールドキウイのビタミンEの量は?

ビタミンEの1日の目安量は、
女性が6mg、男性が7mg。

ゴールドキウイ1個(100g)の
ビタミンEの量は 2.5mg。これは、

  • 女性:1日の目標量の41.7%
  • 男性:1日の目標量の35.7%

では、私たちはビタミンEがちゃんと摂れているのか。ゴールドキウイ1個をプラスしたら摂取量はどう増えるのか。みてみましょう。

ゴールドキウイ1個を追加するとビタミンEはどのくらい増える?

女性目標量の108%を摂れています。ゴールドキウイ1個で42%増えると合計で150%に。

男性目標量の100%とギリギリ。ゴールドキウイで36%増えると合計で136%になります。

ビタミンEの効果は?

ビタミンEのおもな効果は次の7つ。

  • 動脈硬化の予防
  • 悪玉コレステロールをおさえて、心筋梗塞や脳梗塞を防ぐ
  • 心疾患や貧血の予防
  • 血行を良くしてコリや冷えを防ぐ
  • 美肌・美髪
  • 記憶力を高める
  • 更年期障害の症状をやわらげる

血圧が高い人、脂っこいものが好きな人、お酒をよく飲む人などはサラサラ効果は大切。

ビタミンEの多い食べ物は、アーモンド、落花生、かぼちゃ、ブロッコリー、豚肉、アジ、サバ缶、鮭、ゴールドキウイなど。意識して食べましょう。

スポンサーリンク

カリウム

ゴールドキウイに3番目に多い栄養素はカリウム。私たちは塩分を摂りすぎる傾向のあるのでしっかり摂りたいミネラルですね。

ゴールドキウイのカリウムの量は?

カリウムの1日の目安量は、
女性が2000mg、男性が2500mg。

ゴールドキウイ1個(100g)の
カリウムの量は 300mg。これは、

  • 女性:1日の目安量の15.0%
  • 男性:1日の目安量の12.0%

私たちはカリウムが足りている?ゴールドキウイ1個で摂取量はどう増える?

ゴールドキウイ1個を追加するとカリウムはどのくらい増える?

女性目安量の111%と十分摂れています。ゴールドキウイ1個で15%増えると合計で126%に。

男性目安量の96%とややカリウム不足。ゴールドキウイで12%増えると合計で108%になります。

カリウムの効果は?

カリウムのおもな効果は次の5つ。

  • 余分なナトリウムの排出を促進する
  • 血圧を下げる
  • 心臓を正常にはたらかせる
  • 筋肉をスムーズに動かす
  • むくみを解消する

高血圧の人やむくみが気になる人だけでなく、食欲がない、チカラが入らない、疲れやすい、足がよくつる、という人はカリウム不足かも。

カリウムの多い食べ物は、里芋、じゃがいも、トマトジュース、ミニトマト、枝豆、豆乳、ぶり、鮭、豚肉など。意識して食べてみてはいかがでしょうか。

葉酸

ゴールドキウイ

ゴールドキウイに4番目に多い栄養素は「葉酸」。お腹の赤ちゃんの発育だけでなく、貧血予防にも大切なビタミンです。

ゴールドキウイの葉酸の量は?

葉酸の1日の目標量は
女性も男性も240μg。

ゴールドキウイ1個(100g)の
葉酸の量は32μg

ゴールドキウイ1個の葉酸の量は、1日の目標量の13.3%になります。

では、私たちは葉酸が足りている?ゴールドキウイ1個で摂取量はどう増える?

ゴールドキウイ1個を追加すると葉酸はどのくらい増える?

女性目標量の118%。ゴールドキウイ1個で13%増えると合計で131%になります。

男性目標量の123%。ゴールドキウイ1個で13%増えて合計で136%になります。

葉酸の効果は?

葉酸のおもな効果は次の4つ。

  • 妊娠中のお腹の赤ちゃんの成長を守る
  • 血液(赤血球)を作るサポート
  • 細胞をつくるサポート
  • 肌や粘膜を守って整える

葉酸はお腹の赤ちゃんの成長を守る栄養素。妊娠する1ヶ月以上前から、つまり赤ちゃんを授かりたいと思ったらしっかり摂るようにしましょう。

▼妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月
通常の1日240μg + 400μg

▼それ以降の妊娠中
通常の1日240μg + 240μg

▼産後の授乳期間中
通常の1日240μg + 100μg

ただしレバーは、葉酸は多いもののこの時期に摂りすぎ注意なビタミンAが凝縮。ほうれん草も生で食べると豊富なシュウ酸が尿路結石の原因になりかねません。

この時期は、枝豆、ほうれん草のおひたし、ブロッコリー、サニーレタス、いちご、マンゴー、天津甘栗、焼きのり、豆乳、納豆などの 葉酸の多い食べ物でしっかりと摂りましょう。

ビタミンB6

5番目に多い栄養素はビタミンB6。

肝臓に脂肪がつかないよう防ぐ、肌や粘膜を整える、女性特有の体の悩みをやわらげる、といったはたらきの栄養素です。

ゴールドキウイのビタミンB6の量は?

ビタミンB6の1日の推奨量は、
女性が1.1mg、男性が1.4mg。

ゴールドキウイ1個(100g)の
ビタミンB6の量は 0.14mg。これは、

  • 女性:1日の目標量の12.7%
  • 男性:1日の目標量の10.0%

私たちはビタミンB6が足りている?ゴールドキウイ1個で摂取量はどう増える?

ゴールドキウイ1個を追加するとビタミンB6はどのくらい増える?

女性目標量の99%。ゴールドキウイ1個で13%増えると合計で112%になります。

男性目標量の90%と不足ぎみ。ゴールドキウイで10%増えると合計で100%と目標に届きます。

ビタミンB6の効果は?

ビタミンB6のおもな効果は次の6つ。

  • たんぱく質を分解
    エネルギーを作る、筋肉・肌・髪・爪などを作る
  • 脂質の代謝
    肝臓に脂肪がたまらないように守る
  • 肌・髪・粘膜の代謝
    肌荒れや口内炎から守る
  • ホルモンバランスを整える
    月経前の体の悩みをやわらげる
  • 妊娠中のつわりをやわらげる
  • 神経伝達物質を作る
    気持ちを安定させる

食べた物を代謝する、体を作る、エネルギーに変える、ホルモンバランスを整える、感情を整える、というのがビタミンB6のはたらきです。

ビタミンB6の多い食べ物はこちらでも紹介しています。
ビタミンB6の多い食べ物は?1食分あたりで30位までランキング!

以上、ゴールドキウイに多い栄養素のはたらきを紹介しました。

では最後に、これらのはたらきをまとめて「ゴールドキウイにはどんな効能が期待できるの?」「どんな人が食べるといいの?」についてお伝えします。

スポンサーリンク

ゴールドキウイの8つの効能とは?

抜群に多いビタミンCをはじめ、いろんな栄養素が多いゴールドキウイ。

これらの栄養素のはたらきから、ゴールドキウイに期待される効能をまとめてみました。

  • 風邪や感染症を予防する
    (免疫力を高める)
  • 活性酸素を除去して老化や病気を予防
    (抗酸化作用)
  • 中性脂肪やコレステロールをおさえる
  • 動脈硬化を予防する
  • 血圧を下げる
  • 貧血を予防する
  • ストレスから守る
  • シミを防いで美肌・美白に

ということで、ゴールドキウイをぜひ食べてもらいたいのはどんな人かというと……

こんな人こそゴールドキウイを食べてほしい!

ゴールドキウイをぜひ食べてほしいのはこちら!

  • 風邪をひきやすい、予防したい
  • 体調をくずしやすい
  • お腹まわりが気になる
  • 外食やお酒を飲むことが多い
  • 血圧が高い
  • 肌荒れや髪のパサつきが気になる
  • ストレスが多い
  • 妊活中~産後の授乳中のママ

ストレスの中で忙しく活躍されている方、体調をくずしやすい方、生活習慣病を予防したい方にぜひ食べてもらいたいのがゴールドキウイなのです。

スポンサーリンク

ゴールドキウイに多い栄養素:まとめ

ゴールドキウイに多い栄養素についてお伝えしました。

ゴールドキウイに多い栄養素:1日の目標量に対して多い順番に、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、葉酸、ビタミンB6、銅、水溶性食物繊維

ゴールドキウイの効能:風邪や感染症の予防、活性酸素を除去して病気や老化を予防、中性脂肪やコレステロールをおさえる、動脈硬化の予防、血圧を下げる、貧血の予防、ストレスから守る、美肌・美白

こんな人こそ食べてほしい:風邪をひきやすい、体調をくずしやすい、お腹まわりが気になる、お酒や外食が多い、高血圧、肌荒れ、髪がパサつく、ストレスが多い、妊活中~産後の授乳中のママ

ゴールドキウイはビタミンCがとにかく豊富。

美容だけでなく風邪の季節などは特に意識して食べてみてはいかがでしょうか。

どんより重たい、いつもガチガチ、いまひとつスッキリしない、という方には天然由来100%の全身用ジェル「プアーナ」もおすすめ。

長年のだるさ・ガチガチが1ヶ月で!
鉄板をおろしたみたいに体が軽い!
朝までぐっすりなんて久々でした!

ただ塗るだけで不思議なほどすばやくゆるんで、ハスの花の香りにやすらぎます。全国送料無料です。

軽やかな毎日へ♪プアーナはこちら >>

天然由来の全身用ジェル「プアーナ」

– – – – –
※参考サイト:文部科学省「食品成分データベース」、厚生労働省「日本人の食事摂取基準」、e-ヘルスネット「LDLコレステロール」、「カリウム」、国立健康・栄養研究所「栄養摂取状況調査」、「ビタミンC解説」、「ビタミンB6解説」、「葉酸解説

タイトルとURLをコピーしました