さくらんぼの栄養価は?多い栄養素と8つの効果効能を紹介!

さくらんぼに多い栄養素は?

かわいらしさと甘酸っぱいおいしさで人気のさくらんぼ。おもな成分は糖質ですが、少ないながらもいろんな栄養が含まれています。

このページを読むと、

  • さくらんぼにはどの栄養素が多いは?
  • 15粒食べると1日分の栄養素の何%が摂れる?
  • さくらんぼの健康効果は?
  • どんな人こそ食べると効果的?

などが手に取るようにわかります。さくらんぼの栄養を上手にいかして元気な毎日を過ごしましょう。

【関連記事】アメリカンチェリーの栄養価は?多い栄養素と7つの効果効能を紹介!

スポンサーリンク

この記事は栄養補助食品の販売をはじめ健康業界に20年以上携わる健康通販(株)ナチュラルハーモニー代表の斉藤豊が執筆しました。

さくらんぼの15粒の栄養価

さくらんぼに多い栄養素は、ビタミンC、E、葉酸、カリウム、銅、不溶性食物繊維など。アメリカンチェリーに豊富な栄養素もほぼ同じです。

効果としては、胎児の成長を守る、貧血の予防、免疫力を高める、健康で若々しさを維持する、血圧を下げる、動脈硬化や心筋梗塞の予防、便秘の解消、ストレスから守る、などが期待できます。

そんなさくらんぼ。
どの栄養素がどのくらい多くて、
その栄養素にはどんな効果があるのか、
ご存じですか?

ここでは100gあたりの栄養価ではなく、1日に食べる量の目安として……

さくらんぼを15粒食べると、
1日分の栄養素の何%が摂れる?

さくらんぼに多い栄養素は何?
どんな効能が期待できる?

といったかたちでお伝えします。

▼ 1日に食べる量は?
さくらんぼ15粒(81g)。
さくらんぼ1粒は約6g。可食部は5.4g。15粒(81g)あたりの栄養価を紹介します。

さくらんぼ

さくらんぼに多いビタミン

さくらんぼを15粒食べると、女性の1日分のビタミンの何%が摂れるのか、グラフにしてみました。

さくらんぼ15粒で1日分のビタミンの何%が摂れるのかのグラフ

※参考サイト:文部科学省「食品成分データベース」

女性が1日に必要なビタミンに対して、さくらんぼ15粒に多く含まれているのは……

葉酸16%
ビタミンC10%
ビタミンE8%

さくらんぼに含まれるビタミンの中ではこの3つが豊富。

葉酸は果物のなかでもさくらんぼはトップランク。アメリカンチェリーにもほぼ同じ量が含まれています。

次はさくらんぼにはどんなミネラルが多いのかをお伝えします。

スポンサーリンク

さくらんぼに多いミネラル

さくらんぼを15粒食べると、女性にとって必要なミネラルの何%が摂れるのでしょうか?

さくらんぼ15粒で1日分のミネラルの何%が摂れるのかのグラフ

さくらんぼ15粒に多く含まれるミネラルは……

カリウム9%
6%

ミネラルのなかではカリウムと銅がやや多めですが、どちらもふだんの食生活で摂れている栄養素。

さくらんぼには「不足分を補ってくれるミネラル」はないようです。

では、さくらんぼ15粒あたりの食物繊維の量をお伝えしてから、さくらんぼの8つの効果を紹介します。

スポンサーリンク

さくらんぼに多い食物繊維

さくらんぼ15粒で1日分の食物繊維の何%が摂れるでしょうか?

さくらんぼ15粒で1日分の食物繊維の何%が摂れるのかのグラフ
不溶性食物繊維7%
水溶性食物繊維1%

不溶性食物繊維がやや多め。私たちは1日に必要な量の90%しか摂れていませんが、さくらんぼで不足分をほぼ補えます。

なお、私たちにまったく足りていないのは水溶性食物繊維。必要な量の半分程度しか摂れていません。

ひじき、寒天、里芋、とろろ昆布、大豆、豆腐、納豆、枝豆、もち麦など、水溶性食物繊維の多い食べ物を意識して食べましょう。くわしくはこちらです↓

では、

さくらんぼに多い栄養素には
どんな効果があるのでしょうか?

私たちはその栄養素が
ちゃんと摂れているのでしょうか?

スポンサーリンク

さくらんぼに多い栄養素とその効果

さくらんぼ

さくらんぼ15粒(81g)に含まれている栄養素の中で、女性が1日に必要な量に対して多い順に、

葉酸16%
ビタミンC10%
カリウム9%
ビタミンE8%
不溶性食物繊維7%

では、私たちはこれらの栄養素が足りている?さくらんぼ15粒でどのくらい補える?どんな健康効果がある?についてお伝えします。

葉酸

さくらんぼにもっとも豊富な栄養素は葉酸。お腹の赤ちゃんの発育を守る、貧血を予防・改善する、などの効果があります。

さくらんぼの葉酸は?

1日に必要な葉酸は
女性も男性も240μg。
さくらんぼ15粒には38μg
1日の必要量の16%です。

さて私たちは、普段から葉酸をどのくらい摂れていて、さくらんぼ15粒でどう増えるのかというと……

葉酸の必要量、女性が摂れている量、さくらんぼに含まれる量のグラフ

女性が摂れている葉酸は、118%
さくらんぼ15粒に、16%
合計で、134%

男性が摂れている葉酸は、123%
さくらんぼ15粒に、16%
合計で、139%

男女ともに葉酸はしっかりと摂れています。さくらんぼでさらに補うことができますね。

※参考サイト:厚生労働省「日本人の食事摂取基準」、国立健康・栄養研究所「栄養摂取状況調査」、「葉酸解説

葉酸の効果は?

おもな効果は次の4つ。

  • 妊娠中のお腹の赤ちゃんの成長を守る
  • 血液(赤血球)を作るサポート
  • 細胞をつくるサポート
  • 肌や粘膜を守って整える

葉酸はお腹の赤ちゃんの成長を守る栄養素。赤ちゃんを授かりたいと思ったらしっかり摂るようにしましょう。

▼妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月
通常の1日240μg + 400μg

▼それ以降の妊娠中
通常の1日240μg + 240μg

▼産後の授乳期間中
通常の1日240μg + 100μg

ただしレバーは、葉酸は多いもののこの時期に摂りすぎ注意なビタミンAが凝縮。ほうれん草も生で食べると豊富なシュウ酸が尿路結石の原因になりかねません。

この時期は、枝豆、ほうれん草のおひたし、ブロッコリー、サニーレタス、いちご、マンゴー、天津甘栗、焼きのり、豆乳、納豆などの 葉酸の多い食べ物でしっかりと摂りましょう。

ビタミンC

さくらんぼ

2番目の栄養素はビタミンC。抗酸化作用が高く、ストレスや感染症から守る効果を発揮します。

さくらんぼのビタミンCは?

1日に必要なビタミンCは
女性も男性も100mg。
さくらんぼ15粒には10mg

では、普段からどのくらい摂れていて、さくらんぼ15粒でどう増えるかというと……

ビタミンCの必要量、女性が摂れている量、さくらんぼに含まれる量のグラフ

女性が摂れている量は、96%
さくらんぼ15粒に、10%
合計で、106%

男性が摂れている量は、91%
さくらんぼ15粒に、10%
合計で、101%

やや不足ぎみなビタミンC。さくらんぼ15粒で10%増えると必要量にまで届きます。

※参考サイト:国立健康・栄養研究所「ビタミンC解説」

ビタミンCの効果は?

おもな効果は次の7つ。

  • 血管・皮膚・骨を強くする
  • 免疫力を高める
    (ウイルスへの抵抗力アップ)
  • 老化や病気を予防する
    (抗酸化作用)
  • ストレスから守る
  • 鉄分の吸収を助ける
  • コレステロールをおさえる
  • シミを防ぐ

ストレスを抱えていたり体調を崩しているとビタミンCの消費量も多くなります。

また、ビタミンCは体内にためておくことができず、数時間で排出されてしまいます。

果物ならこまめに食べるのに便利。ビタミンCの多い果物は、さくらんぼの他に、ゴールドキウイ、柿、いちご、パイナップル、グリーンキウイ、柑橘類など。ぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

カリウム

さくらんぼに3番目に豊富なカリウム。高血圧を予防したり筋肉をスムーズに動かす効果のある栄養素です。

さくらんぼのカリウムは?

1日に必要なカリウムは
女性が2000mg、男性が2500mg。
さくらんぼ15粒に170mg

さくらんぼを食べると……

カリウムの必要量、女性が摂れている量、さくらんぼに含まれる量のグラフ

女性の摂取量=111%
さくらんぼ=9%
合計=120%

男性が摂れている量は、96%
さくらんぼに、7%
合計で、103%

※参考サイト:厚生労働省 e-ヘルスネット「カリウム」

カリウムの効果は?

おもな効果は次の5つ。

  • 余分なナトリウムの排出を促進する
  • 血圧を下げる
  • 心臓を正常にはたらかせる
  • 筋肉をスムーズに動かす
  • むくみを解消する

高血圧の人やむくみが気になる人だけでなく、食欲がない、チカラが入らない、疲れやすい、足がよくつる、という人はカリウム不足かもしれません。意識して摂りましょう。

ビタミンE

さくらんぼ

4番目に豊富な栄養素はビタミンE。サラサラ効果と抗酸化作用の高い栄養素です。

さくらんぼのビタミンEは?

1日に必要なビタミンEは
女性が6mg、男性が7mg。
さくらんぼ15粒に0.5mg

ビタミンEの必要量、女性が摂れている量、さくらんぼに含まれる量のグラフ

女性が摂れている量は、108%
さくらんぼに、8%
合計で、116%

男性が摂れている量は、100%
さくらんぼに、7%
合計で、107%

※参考サイト:厚生労働省 e-ヘルスネット「LDLコレステロール」、国立健康・栄養研究所「ビタミンE解説

ビタミンEの効果は?

おもな効果は次の7つ。

  • 動脈硬化の予防
  • 心筋梗塞や脳梗塞を防ぐ
  • 心疾患や貧血の予防
  • 血行を良くしてコリや冷えを防ぐ
  • 美肌・美髪
  • 記憶力を高める
  • 更年期障害の症状をやわらげる

血圧が高い人、脂っこいものが好きな人、お酒をよく飲む人などはサラサラ効果のビタミンEは大切な栄養素。

さくらんぼのほか、アーモンド、落花生、かぼちゃ、ブロッコリー、サバ缶、ゴールドキウイなどにも豊富に含まれています。

不溶性食物繊維

5番目の栄養素は不溶性食物繊維。野菜やきのこ類に多く、デトックスや便秘解消に効果を発揮します。

さくらんぼの不溶性食物繊維は?

1日に必要な量は
女性が12g、男性が14g。
さくらんぼ15粒に0.9g

不溶性食物繊維の必要量、女性が摂れている量、さくらんぼに含まれる量のグラフ

女性が摂れている量は、93%
さくらんぼに、7%
合計で、100%

男性が摂れている量は、84%
さくらんぼに、6%
合計で、90%

※食物繊維全体で1日に必要な量は女性18g、男性21g。「水溶性:不溶性=1:2」が推奨されているので、上記のとおり女性12g、男性14gとしています。

不溶性食物繊維の効果は?

おもな効果は次の3つ。

  • 便秘を解消する(便のカサを増やす)
  • 有害物質を排出する
  • ダイエット

※参考サイト:厚生労働省 e-ヘルスネット「食物繊維」、「食物繊維の必要性と健康」、NHK健康チャンネル「食物繊維のスーパーパワー」、農林水産省「ビタミンと食物繊維

*-*-*-*-*

さくらんぼに多く含まれる栄養素とその効果を紹介しました。最後にこれらの効果をまとめて、

  • さくらんぼを食べると
    どんな効果効能が得られる?
  • どんな人こそ食べると効果的?

についてお伝えします。

スポンサーリンク

さくらんぼの8つの効果効能

さくらんぼ

さくらんぼは葉酸、ビタミンC、カリウム、不溶性食物繊維などが豊富。

これらの栄養素のはたらきから、さくらんぼに期待される効果をまとめてみました。

  • お腹の赤ちゃんの成長を守る
    胎児の先天性異常である神経管閉鎖障害のリスクを葉酸が減らす
  • 貧血を予防改善する
    葉酸はビタミンB12と一緒に赤血球をつくり、ビタミンCは鉄分の吸収を助ける
  • 免疫力を高めて風邪を早く治す
    ビタミンCがウイルスと戦う白血球のはたらきを高める
  • 心身ともに健康で若々しさを維持する
    ビタミンCやEの高い抗酸化作用で、さまざまな病気や老化の原因となる活性酸素を除去する
  • 血圧を下げる
    カリウムが体内の余分な塩分を排出し、ビタミンEがサラサラ効果を発揮する
  • 動脈硬化や心筋梗塞を予防する
    ビタミンEがコレステロールや脂肪の酸化を防いで、血管を健康にしなやかにサラサラに維持する
  • 便秘を解消する
    不溶性食物繊維が体内で水分を吸収して数倍から数十倍にふくらんで腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にする
  • ストレスから守る
    ビタミンCがストレスに対抗するために必要な副腎皮質ホルモンの分泌を促進する

ということで、さくらんぼをぜひ食べてもらいたい人は……

こんな人こそさくらんぼを食べて!

さくらんぼをぜひ食べてほしい人はこちら!

  • 妊活中~授乳期のママ
  • 風邪をひきやすい
  • 疲れやすい
  • 貧血ぎみ
  • 便秘がち
  • 血圧が高い
  • ストレスが多い
  • 若々しく美しくいたい

さくらんぼのアントシアニン(ポリフェノールの一種)には目の疲れを癒し、視力の回復や老眼を予防する効果も。

パソコン仕事の多い人にもぜひ食べてもらいたいのがさくらんぼなのです。

さくらんぼに多い栄養素:まとめ

さくらんぼに多い栄養素と効果効能を紹介しました。

さくらんぼに多い栄養素:1日に必要な量に対して多い順に、葉酸、ビタミンC、カリウム、ビタミンE、不溶性食物繊維

さくらんぼの効果:胎児の成長を守る、貧血の予防・改善、免疫力を高める、健康で若々しさを維持する、血圧を下げる、動脈硬化や心筋梗塞の予防、便秘の解消、ストレスから守る

こんな人こそ食べてほしい:妊活中~授乳期のママ、風邪をひきやすい、疲れやすい、貧血ぎみ、便秘がち、高血圧、ストレスが多い、目が疲れる

甘酸っぱくてかわいらしいさくらんぼ。旬の初夏にはぜひ召し上がってみてください。

スポンサーリンク
執筆者プロフィール
株式会社ナチュラルハーモニー代表 斉藤豊

1995年から栄養学を学び栄養補助食品の販売業務に従事。以来、健康食品・健康器具の販売など10年の業務経験とともに整体師から自律神経などを学び、2006年に健康通販(株)ナチュラルハーモニーを設立。
内科医・医学博士の堀田忠弘先生監修「野菜力で輝け」、医学博士の吉村尚子先生開発の和漢の健康茶「浄活茶」、リラックスジェル「プアーナ」など天然由来成分100%の健康商品の販売で18年目を迎える。

株式会社ナチュラルハーモニー代表 斉藤豊をフォローする
食べ物
株式会社ナチュラルハーモニー