感染予防の5つの方法-多くの人が間違えているマスクや手洗い

ウイルス感染予防にマスクをする女性 健康法

ウイルスに感染しないための予防といえばやはりインフルエンザが思いつきます。風邪ももちろんウイルス感染が原因。そのほかにもウイルスが原因となっているものも少なくありません。

ウイルスが原因のインフルエンザなどにならないためには、

  • ウイルスに感染しないための予防
  • ウイルスに感染しても発症しない免疫力の高い体

が重要なポイントです。そこでここではウイルスに感染しないための5つの予防法について、具体的にお伝えします。

間違った感染予防をしていませんか?

手洗い、マスク、うがい、など感染予防として思いつくものはいくつもあるでしょう。でも・・・

  • 腕時計をしたまま、手洗いしていませんか?
  • 指輪をはめたまま、手洗いしていませんか?
  • マスクをすると、めがねが曇りませんか?
  • マスクをあごにズラして、お茶を飲んでいませんか?

すべて「間違った感染予防をしている証拠」なんです。

いくらこまめに手洗いしたりマスクをつけても、間違った感染予防では効果は激減。せっかくウイルス感染を予防するなら、少しだけ注意して、正しい方法で予防しましょう。

ではウイルスに感染しないための5つの予防法、順番に紹介していきます。

感染予防 (1)正しい手洗い

ウイルスの感染予防の基本中の基本は「正しい手洗い」。せっけんでのこまめな手洗いがもっとも重要です。なぜなら私たちは無意識のうちに・・・

  • 髪をさわる
  • 目をこする
  • 鼻をかく
  • 顔をかく

こうして、手についていたウイルスが、目・鼻・口につき、粘膜を通して体の中へと入っていくのです。

テーブル、イス、パソコン、ドアノブ、スイッチ、受話器、手すり・・・。いつどこで手や指にウイルスがつくかわかりません。感染予防の一番のポイントこまめな正しい手洗い でウイルスを落としておくことです。

しっかり手洗いできる状態かどうか

  • 爪はいつも短く切っておく
  • 手洗い前に腕時計などをはずす

爪が長いと、爪と爪の間を十分に洗うことができません。長い爪を守ろうとして、自然とそーっと洗うようになるので、ウイルスをしっかり落とせなくなります。

また、腕時計、ブレスレット、指輪などを外してから手洗いすることも大切。腕時計やブレスレットをしていては手首までしっかりと洗えません。腕時計などが気になって、手のひらも十分に洗わずに手先や指先だけを洗うことにもなりがちです。

手のどの部分を洗っているか

感染予防のためには、手のひらや指先だけでは不十分です。手洗いのポイントはこちら。

  • 手のひら
  • 手の甲
  • 指先
  • 爪の間
  • 指と指の間
  • 親指もしっかりと
  • 手首までしっかりと
感染予防に正しい手洗いの方法

丁寧に手洗いすることが一番大切です。

猫の手をしてもう片方の手のひらで爪の間もしっかり洗う。右手で左手の親指をギュッと握ってねじり洗いをする。そして手首までしっかりと洗いましょう。

手洗いが効果的なタイミング

外から帰ってきた時はもちろん手洗いをしますよね?そのほかに、感染予防に効果的な手洗いのタイミングがこちら。

  • 食事の前
  • おやつの前
  • お茶を飲む前
  • 咳やくしゃみで口をおさえた後
  • 鼻をかんだ後

接触感染にて、いつどこで手や指にウイルスがついてもおかしくありません。共用部分を触ってしまうのは仕方がないことなので、こまめな手洗いで感染を予防しましょう。

ウェットティッシュも活用しよう

仕事の合い間にお菓子を一口食べる。その前に手を洗いに行くというのはちょっと面倒かも。でしたらウェットティシューを用意しておいて、手をしっかりと拭くのもおすすめ。

仕事前にウェットティシューで机やパソコンや電話を拭くなど、準備しておくとウイルスへの感染予防に重宝します。

また、咳やくしゃみをする時の注意点(エチケット)として、最近では、「手で口をおさえる」ではなく「ティシューやハンカチや洋服の袖で口をおさえる」と書かれることが増えてきました。

手でおさえれば手にウイルスがつく。その手でパソコンや手すりやドアノブを触ると接触感染の原因にもなります。

風邪気味ならマスク着用がエチケットですが、ふいの咳やくしゃみでもハンカチや袖口で口をさっとおさえるようにしたいものですね。

感染予防(2)清潔なタオル

ウイルスへの感染予防のために「清潔なタオル」を使うことも大事。せっかく正しく丁寧に手洗いしても、タオルが清潔でなければ何にもなりません。

外出先では・・・

外出先ではご自分のハンカチやミニタオルを使うでしょう。手を拭いて濡れたハンカチをたたんでポケットにしまい、また手を拭いて濡れたハンカチをたたんでポケットにしまい、となると、湿ったハンカチでバイ菌やウイルスの繁殖が心配になります。

かといって、濡れたままの手を自然乾燥するのも感染予防にはNG。濡れた手にはバイ菌もつきやすくて不衛生です。

使い切りのペーパータオルがあればそれが一番。エアータオルはその機械自体の衛生管理によっては、かえってウイルスを拡散させる可能性もありますのであまりおすすめしません。

ペーパータオルがないところも多いでしょうから、ハンカチやミニタオルは2枚くらい持ち歩くのがおすすめです。

家庭では・・・

ご家庭では家族共用ではなく、パパ用、ママ用、お兄ちゃん用、と分けるのがおすすめ。でも「そこまでは無理よ」という方は、

  • 使っていないときはなるべく干して乾かす
  • 1日に2回くらい新しいタオルに取り換える

といった工夫はいかがでしょうか?

湿ったタオルは細菌やウイルスがとても繁殖しやすい環境。正しく手洗いしたのに、細菌やウイルスのいるタオルで拭きたくないですね。

さて次の感染予防の方法は「マスク」。マスクをするとめがねが曇る人は間違ったつけ方をしています。正しいつけ方、はずし方、捨て方、マスクのNG行為を紹介します。

スポンサーリンク

感染予防(3)マスクを正しく使う

前提として、一般的なマスクの目的は、

「風邪やインフルエンザに感染している人が少しでもほかの人にうつさないため」

であって、

「誰かからウイルスをうつされないための予防ではない」

ではありません。

実際にはウイルスのような微細なものは、マスクと顔のすきまからいとも簡単に入ってきます。もっとも、まったくの無防備よりはウイルスが入ってくるリスクは低くなりますね。

ここで、多くの人が間違えているのは・・・

  • つけ方
  • はずし方
  • 捨て方
  • マスクのNG行為

間違ったやり方では感染予防の効果が激減。それどころか、自分自身の感染のリスクを高める使い方をしている人が多くいるんです。

あなたは正しく使えていますか?ぜひチェックしてみてください。

正しいつけ方

感染予防のためにマスクの正しいつけ方をする女性

まず、つける前に手洗いをする。
→ ゴムひもを持って、鼻からあごまで覆う
→ マスクの上の部分を鼻筋にフィットさせる
→ ゴムひもを耳にかける
→ 深呼吸して息がもれる場所がないかチェックする

いかがですか?この方法でつけていましたでしょうか?

マスクが正しくついていれば、めがねが曇ることはありません。めがねが曇るのは、鼻筋とマスクの間に「すき間」がある証拠ですよ。

正しいはずし方

次は正しいはずし方です。

表面はかならず触らずに、ひもの部分を持ってはずす
→ 一度はずしたマスクは使わずに捨てる

感染予防のためにはマスクの外側を触るのはNG

マスクの表面にはウイルスや花粉などがついています。感染予防のためには、表面はかならず触らないことが大事です。

そして、ウイルスなどが付着しているかもしれないマスクを、どこかに置くわけにもいきません。一度はずしたら捨ててください。

ただ・・・

感染症が流行している時期はマスクが品薄になることもあって、いつも使い捨てにするわけにもいきません。洗ってくりかえし使えるマスクだってあるでしょう。

そんな場合は、ティシューなどの上にはずしたマスクを置くなどして、机やテーブルやカバンなどに直接マスクが触れない工夫がおすすめです。

正しい捨て方

はずした後の捨て方です。

ひもの部分を持ってはずしたら、そのままビニール袋に入れる
→ ビニール袋の口をきつくしばって、捨てる。

マスクにはウイルスなどがついている可能性があるので、ゴミ箱にポンと捨てただけではウイルスが飛散することも。ビニール袋に入れて、袋の口をきつくしばって捨ててください。

マスクのNG行為

意外とやってしまうのが「マスクのNG行為」。私もやっていました(汗)。

たとえば、マスクをしている時に、

  • ちょっとお茶を飲んだり
  • ちょっとお菓子をつまんだり
  • ちょっと電話に出たり。

そんな時に、マスクの表面をつまんであごまで下ろして、お茶を飲んだりお菓子をつまんだり、していませんか???

ダメです!!!

マスクをあごにずらす女性

あごやのどにも、飛散しているウイルスや花粉などがついています。そこへマスクをずらしてしまうと、あごやのどについたウイルスや花粉などがマスクの内側についてしまいます。

そしてそのマスクをまた鼻と口に戻す。ウイルスを体内に取り込むようなものですね。本来、マスクをはずしたりズラしたりした時は捨てる時なんです。

使い捨てにできないこともありますので、マスクはティシューなどの上に置いて、お茶を飲んだりおやつを食べたりしましょう。

感染予防のためのマスクのNG行為をまとめますと・・・

  • 表面をさわらない
  • あごの下へとずらさない
  • 何日も使わない
  • ポイッと捨てない(袋に入れてしっかりとしばる)
スポンサーリンク

感染予防(4)顔洗い(顔を拭く)

無意識のうちに、髪や顔をさわっている私たち。手についたウイルスが顔についてしまいます。

手で髪を触る
→ 髪にウイルスがつく
→ 髪の毛先が顔にあたる
→ 顔にウイルスがつく

このようなことも大いにありますし、そもそも飛沫感染によって、顔や髪にウイルスがついていることだって珍しくありません。口や鼻の粘膜からウイルスが侵入して感染しないように、顔もできる範囲で洗いましょう。

男性なら顔を洗うのは簡単。忙しい時はせめてウエッティで顔を拭きましょう。

でも女性はお化粧されているので、顔をこまめに洗うわけにもいきません。食事の後などのお化粧直しの前に口のまわりをウェッティで拭くなど、工夫してみてください。

感染予防(5)除菌・消毒

ウイルスの感染予防には、アルコール消毒が効果的と考えられています。次のような場所をアルコール消毒してはいかがでしょうか。

  • スマートフォン
  • パソコン、キーボード、マウス
  • ドアノブ
  • 冷蔵庫のドア
  • リモコン(テレビ、エアコン、照明など)
  • 照明のスイッチ
  • 電話の受話器

特に、いろんな人が触るものはこまめに除菌することがおすすめ。ただ「除菌していないところは触らない」なんて無理ですから「できる範囲の除菌 & こまめな手洗い」が効果的ですね。

ウイルスの感染予防:まとめ

ウイルスへの感染予防の5つの方法をお伝えしました。

  • 正しくこまめな手洗い:指先・爪の間・手首までしっかりと
  • マスクを正しく使う:着脱はヒモを持つ。外側は触らない。あごにずらさない。
  • 清潔なタオル:ハンカチ2枚持ち歩き。自宅のタオルもこまめに取りかえよう。
  • 顔洗い(顔を拭く):目・鼻・口からウイルスに感染しないように
  • 除菌・消毒:アルコールで共用部分を殺菌・消毒。

そしてもう1つの感染予防が「人混みにはいかない!」

通勤・通学はしかたないですが、なるべく人混みには行かないことも大事。不要・不急であれば人混みへ行かないようにしましょう。

どれもふだんの生活でできるウイルスへの感染予防の方法。おざなりにしていたことを少し気をつけるだけでも感染予防の効果はぐんとアップします。

ちょっとしたところに気をつけて、しっかりと感染予防してくださいね。

◇ ◇ ◇

こんなに疲れがとれるなんて!

背中から鉄板がとれたみたいに軽くなった!

だるくてガチガチ。何を試してもダメだった私が1ヶ月でスッキリ!

ストレスは筋肉を固く緊張させて、疲れがとれない、いつも体が重い、ぐっすり眠れない、なんとなく体調が・・・といった状態に。

その 固い筋肉をほぐせば回復がぐんぐん進み、体も心も軽やかでいられます。

ストレッチしたり、軽い運動をしたり、深呼吸したり、お風呂にゆったり入ったり、自分で体をもんだりして、こまめにほぐしてあげてください。

また 自分でより深くほぐす方法もあります。自宅で簡単、誰でもすぐできる方法ですので、あわせてご覧ください。
自宅で簡単にほぐす方法 ~しっかりほぐれて体ラクラク~

タイトルとURLをコピーしました