レシチンのスゴい6つの効果とレシチンの多い13の食品とは

レシチンが多く含まれる大豆 栄養素

レシチンの効果には健康面や能力面などさまざまなものがあります。

レシチンは、ストレスを解消し、疲れをとり、そして脳に効くブレイン・フードといわれる栄養素。健康面はもちろんのこと、お子さんの勉強の能率アップ、仕事の能率アップにもとてもおすすめの栄養素です。

そこで、レシチンのスゴい6つの効果とは?レシチンの多い13の食品とは?についてお伝えします。

レシチンとは?

レシチンとはどんな栄養素なのでしょうか?

レシチンは私たち人間の体のすべての細胞に含まれている重要な栄養素。レシチンは細胞膜を構成していて、栄養を取り込む時も老廃物を排出する時も、レシチンの細胞膜を通って出入りします。フィルターのようなものですね。

レシチンが不足していると、この出入りがスムーズにいかなくなります。栄養も入ってこないし、老廃物も出ていかなくなるので、健康を害してしまうこともあるのです。

レシチンはちょっと聞きなれない栄養素で、名前は知ってるけどどんな効果があるのかはよく知らない、という方も多いのではないでしょうか。一方で、学校に通うお子さんをお持ちのパパママにとってはよく知られた栄養素だと思います。

大豆、豆腐・納豆・きな粉といった大豆製品、たまご、ごま油などの食品に多いレシチン。コレステロールを排出する、脂肪肝を予防する、血液サラサラ、脳のはたらきをサポートする、など効果もたくさん。

大豆に含まれるレシチンは「健康面」に、卵に含まれるレシチンは記憶力や集中力といった「頭脳の面」に、効果を発揮するのが得意です。

ではまずは、レシチンの6つの効果についてわかりやすくお伝えします。

レシチンのスゴい6つの効果とは?

コレステロールを減らす

血液中のコレステロールが多いとそれが蓄積して血管の壁にくっついてしまって、血行が悪くなったり高血圧や動脈硬化などの原因となります。

レシチンは血液中のコレステロールを溶かして血液の流れを良くしてくれます。また、LDL(悪玉)コレステロールを減らして、HDL(善玉)コレステロールを増やすはたらきもあります。

中性脂肪を減らす

中性脂肪の多い男性

レシチンには中性脂肪を減らす効果もあります。

中性脂肪やコレステロールなど、血液の中に溶けている脂質のことを「血中脂質」といいます。この脂質がエネルギーとして燃焼するためには、レシチンが仲介役となってたんぱく質と結びつける必要があるのです。

わかりやすく言いかえると・・・

レシチンが「脂質」と「たんぱく質」を合体させると、
→ 「リボタンパク」という物質に変身して、
→ 血液に溶けて細胞へと運ばれていって、
→ エネルギーとして燃えてくれる

こうして中性脂肪がエネルギーとなって燃えてくれるので、中性脂肪が減っていくのです。

スポンサーリンク

脂肪肝の予防(肝臓を健康に)

脂肪肝の肝臓

レシチンにはコレステロールや中性脂肪を減らす効果があるとおり、「脂肪の代謝機能」があります。

肝臓のなかの脂肪に対してもレシチンの脂肪を代謝するはたらきを発揮。肝臓の脂肪を減らして脂肪肝を予防・改善してくれるでしょう。

またレシチンには脂肪が肝臓にたまりにくくするはたらきもあります。肝臓の中の細胞に栄養を届けることで、肝臓の機能を高める効果もあります。

  • 肝臓の脂肪を代謝する
  • 肝臓に脂肪をたまりにくくする
  • 肝臓の機能を高める

という3つのはたらきで脂肪肝の予防・改善をしたり、肝臓を健康な状態にたもつはたらきをしているのです。

美肌

美白で美しい肌の女性

レシチンは美肌づくり、肌トラブルの解消にも効果を発揮します。

レシチンは体のすべての細胞膜をつくっています。レシチンがあるからこそ、細胞に栄養を届けることも、細胞から老廃物を排出することもできるのです。

老廃物が体にたまっている人と、老廃物が体からキレイに排出されている人。肌が美しいのはどちらでしょう?

またレシチンが血液中の余分なコレステロールを溶かして血流をよくするおかげで、栄養も酸素も体温も全身に行き渡ります。新陳代謝がさかんになってみずみずしい細胞へと生まれ変わるのです。

さらに肌のうるおいを作り出すはたらきもあり、肌を乾燥から守って、シワ、くすみ、肌荒れ、肌の老化を防いでくれます。

スポンサーリンク

ダイエット

ダイエット効果を感じている女性

レシチンの持つ「悪玉コレステロールを減らすはたらき」「脂質を燃焼するはたらき」がダイエットに効果を発揮します。

レシチンは血液中にたまった悪玉コレステロールを溶かして、血流をよくしてくれます。栄養や酸素や体温は全身へと行き渡りますし、老廃物や疲労物質は体から排出されます。

さらに脂質を代謝するはたらき。全身の細胞にある脂質とたんぱく質とを結びつけて、エネルギーへと変化させて燃焼してくれます。

これらのはたらきによってダイエットへの効果が期待できます。

学習能力を高める

勉強に集中している女の子

レシチンは神経伝達物質である「アセチルコリン」の材料にもなっています。

アセチルコリンは脳の中で情報伝達をおこなっていますので、アセチルコリンが増えれば記憶力や集中力が高まるでしょう。レシチンが「ブレインフード」とよばれるゆえんです。

レシチンといえば大豆や大豆製品(納豆、豆乳、豆腐など)をイメージしますよね?でも、大豆に含まれるレシチンは「頭脳」へのはたらきより「健康・美容」へのはたらきの方が得意。

記憶力や集中力など「頭脳」へのはたらきに関しては「たまご」のレシチンが効果的です。

  • 勉強をがんばるお子さん
  • 頭脳労働が多いビジネスマン
  • 資格を取ろうと勉強中の方
  • 物忘れが気になる年代の方

などには特に摂っていただきたい栄養素です。

*-*-*-*-*

コレステロールを減らす、中性脂肪を減らす、脂肪肝の予防、美肌、ダイエット、学習能力を高めるなど、レシチンのおもな6つの効果についてお伝えしました。

さて次は、レシチンの多い13の食品について ご紹介します。

スポンサーリンク

レシチンの多い13の食品とは?

レシチンの多い食品は大豆、納豆、枝豆、豆乳

レシチンの多い食品といえば、大豆、大豆製品、たまごです。

まず、健康・美容面でのはたらきが得意な大豆・大豆製品としては・・・

  • 大豆
  • 納豆
  • 枝豆
  • きな粉
  • 豆腐
  • おから
  • 豆乳

そして、頭脳・能力面でのはたらきが得意なたまごやその他の食品としては・・・

  • たまご
  • ピーナッツ
  • レバー
  • 小麦全粒粉
  • ゴマ油
  • 小魚

といったものがレシチンの多い食品の代表ですね。

大豆にはビタミンEも豊富。ビタミンEにはレシチンを酸化しにくくするはたらきもありますし、逆に、レシチンにはビタミンEを体内に吸収しやすくするはたらきがあります。

たんぱく質も豊富でデザイナーフーズピラミッドでもトップクラスの大豆は健康効果の高い食品ですね。

たまごに関しては、コレステロールが気になる人がいるかもしれません。ただ、たまごに含まれるレシチンが悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やしてくれるので、さほど心配いらないでしょう。

レシチンの効果と多い食品:まとめ

コレステロールを減らす、中性脂肪を減らす、脂肪肝の予防、美肌、ダイエット、学習能力を高めるなど、レシチンには健康・美容・勉強・仕事にと幅広い効果があることがおわかりいただけたでしょうか。

大豆やたまごなど身近で手軽な食品に多く含まれるレシチン。家族みなさんの健康やお子さんの成績アップのためにも、毎日の食生活に取り入れたい栄養素ですね。

いくら栄養価の高い食べ物を食べても、固い体では流れが悪くなっているので、せっかくの栄養も吸収されにくく、全身に行き渡りません。老廃物や疲労物質も出にくくなります。

あなたは、肩こり、首こり、背中がガチガチ、いつも体が重たい、疲れがとれない、なんてことありませんか?

栄養を吸収して不要なものを出すためには、体をほぐすことがなにより大切。

マッサージされると体が軽くなってトローンと眠たくなるように、体がほぐれると回復モードのスイッチが「ON」になって「消化・吸収」も進むのです。

41度以下のお風呂に15分ゆったりと入ったり、軽い運動をしたり、深呼吸したり、ストレッチしたり、自分で体をもみほぐすなどして、普段からこまめにほぐしてあげてください。

また 自分でより深く体をほぐす方法もあります。自宅で簡単、誰でもすぐできる方法ですので、あわせてご覧ください。
自宅で簡単に体をほぐす方法 ~しっかりほぐれて体ラクラク~

タイトルとURLをコピーしました