自律神経を整えるストレッチ-心身の緊張をときほぐして軽い体へ!

ストレッチする女性 自律神経

ストレスで体がガチガチ。肩こりに首こり。足がぱんぱんにむくむ。いつも体が重たい。ぐっすり眠れない。

そんな悩みを抱えていませんか?

ストレスの多い毎日では交感神経ばかりが活性化。慢性的に筋肉が固くなりがちです。さらに体のゆがみは自律神経が乱れる原因に。

そんな固い体を気持ちよくほぐすにはストレッチが効果的。ここで紹介する『自律神経を整えるストレッチ』はとても簡単。今日からすぐできるものばかりです。

精神的なストレスは筋膜にたまるとも。ストレッチで気持ちよくほぐせば、体がふわっと軽くなって疲労回復も促進されて、ストレスも解放されます。

では、自律神経を整えるストレッチにはどんな効果があるの? いつおこなうのがいいの? どんなストレッチが効果的? など、わかりやすく紹介します。

ストレッチには2種類ある

ストレッチには大きく分けて2種類あります。

1つは体を動かしながらおこなう「動的ストレッチ」。もう1つは体を静かに伸ばして動きをとめておこなう「静的ストレッチ」です。

動的ストレッチとは?

ラジオ体操をする人

動的ストレッチとは、ラジオ体操のようにはずみや反動を使って体を動かしながらおこなうもの。関節をほぐして可動域を広げながら筋肉を伸ばして体を温めていくストレッチです。

動的ストレッチは交感神経を優位にするので、体の動きを活発にしてくれます。なので、運動する前のウォーミングアップに最適。

関節がほぐれて可動域が広がって筋肉もやわらかくなるので、これからおこなう運動のパフォーマンスアップやケガの予防に効果を発揮します。

静的ストレッチとは?

静的ストレッチをする人

静的ストレッチとは、静かにゆっくりと体を伸ばして止めてその姿勢を10秒20秒とキープするストレッチ。「ストレッチ」と言われてイメージするものがこの静的ストレッチではないでしょうか。

静的ストレッチは副交感神経を優位にするので、ストレスや運動などでかたく緊張した筋肉をほぐして回復を促進してくれます。

  • ストレスでかたく緊張した体をほぐしたい!
  • 疲れをとりたい!
  • 重たい体をなんとかしたい!
  • リラックスしたい!
  • ぐっすり眠りたい!

というのなら、副交感神経を優位にする静的ストレッチを「お風呂あがり」や「夜寝る前」におこなうのが効果的です。

自律神経を整える静的ストレッチの効果

自律神経を整えるのは、ゆっくり伸ばして止めてその姿勢を10秒20秒キープする静的ストレッチ。

自律神経を整える静的ストレッチにはどんな効果があるのか、お伝えします。

リラックス効果

静的ストレッチは副交感神経を優位にしてくれます。

息を吐きながらゆっくりと伸ばしていって「すこし痛くて気持ちいい」と感じるあたりで止めて10秒20秒キープ。呼吸はゆったりと腹式呼吸。

副交感神経のはたらきが高まるので気分的にも深くリラックスできます。

眠りを深くする

静的ストレッチで自律神経を整えることで、眠りを深くすることができます。

寝つきが悪い人、眠りが浅い人は、昼間のストレスが原因で夜になっても副交感神経に切りかわらないことが原因。

静的ストレッチで副交感神経を優位にしてあげれば、寝つきも良くなり、眠りも深くなります。お風呂あがりや夜寝る前におこなうのが効果的ですね。

疲労回復

筋肉をほぐすことで血液やリンパの流れがよくなります。またふくらはぎの筋肉がほぐれれば血液を上へと戻すポンプのはたらきが高まるので、さらに流れのよい体へ。

栄養や酸素や体温など、疲労回復や新陳代謝に必要なものが全身に行き届いて、元気な体へと戻っていきます。

また固くなった筋肉には疲労物質や老廃物がたまっていますが、ストレッチでほぐれることで疲労物質や老廃物も排出されやすくなります。

冷え性の改善

冷え性のおもな原因はこの2つ。

  • 体内で熱を作るための筋肉量が少ないこと
  • 血流が悪くて体温が行き届かないこと

つまり「体内で熱が作れないこと」と「熱を運べないこと」。

熱を作るためには筋肉をつけるしかありませんが、筋肉をほぐすことで血流がよくなれば体温が行き届くようになるので、冷え性の改善につながります。

自律神経を整えることで、リラックス、眠りを深くする、疲労回復、冷え性改善などの効果が期待できる静的ストレッチ。どのタイミングでおこなうのが効果的なのでしょうか?

スポンサーリンク

効果的なタイミングは?

自律神経を整える静的ストレッチの効果的なタイミングは「お風呂あがり」と「夜寝る前」です。

お風呂あがりのストレッチで深くほぐれる

お風呂あがりの女性

お風呂あがりは1日でもっとも筋肉がやわらかくなっています。静的ストレッチで関節も筋肉もさらに深くほぐす絶好のタイミング。

普段あまり使っていない筋肉や関節は固くなるので、可動域が狭くなり、さらにその筋肉も関節も動きにくくなってさらに固くなり・・・という悪循環。代謝が低下してしまいます。

お風呂あがりで体が柔らかくなっているタイミングなら、普段あまり使っていない筋肉や関節もほぐれやすく、筋肉は柔軟になり、可動域も広げることができます。

お風呂で副交感神経が優位になり、お風呂あがりの静的ストレッチでさらに副交感神経が優位に。ストレスを解放して自律神経を整えるために、お風呂あがりにはぜひ静的ストレッチをおこないましょう。

寝る前のストレッチで深い眠りへ

眠っている女性

寝つきが悪い、眠りが浅い、というのなら「夜寝る前」もとても効果的。

静的ストレッチなら、筋肉をじんわりとほぐして自律神経を整えることで、副交感神経を優位にして睡眠モードへと切りかえてくれます。

すこし照明を落として、ゆっくりと腹式呼吸しながら、無理に伸ばしたりせずに気持ちいいと感じる程度にストレッチしましょう。

深い眠りが疲労回復も新陳代謝も促進して、軽やかな体で朝を迎えられるようになります。

朝のストレッチはごく軽めに

朝起きてまずはストレッチ、という人もいるでしょうが、あまりおすすめしません。

朝起きてすぐは体温も低いので筋肉も伸ばしにくい状態。このタイミングでストレッチをおこなうと筋肉を傷めてしまうことにもつながります。

体をスムーズに動かすためにも朝のストレッチをおこないたい場合は、ごくごく軽めにするのがベスト。

ぐーっと背伸びをしたり、体をぶらんぶらんと揺らしたり、といった程度の本当に軽めのストレッチにしましょう。

では、自律神経を整えるストレッチを4つ、紹介します。

効果的な4つのストレッチ

自律神経を整えるストレッチを4つ紹介します。どれも簡単ですぐにできる方法。まずはストレッチをおこなう上で注意したい点をお伝えします。

おこなう時の注意点

まずは注意点を4つ。

  • 反動を使わないで、ゆっくりとおこなう
  • 息を吐きながら伸ばしていく(腹式呼吸
  • 無理せずに、すこし痛い程度まで伸ばす
  • 伸ばした状態で息を吐きながら10秒20秒キープする

息を吸うときは交感神経が優位に、息を吐く時は副交感神経が優位になります。温泉に入った瞬間「はぁぁぁ~っ」と息を吐くのは副交感神経に切り替わった証拠です。

ではストレッチのやり方を紹介します。

(1)背伸びして右へ左へ

ストレッチする女性
  1. 足を肩幅に開いて、両手をあげます
  2. 鼻から息を吸いながら、右手で左手の手首をつかみます
  3. 口から細く息を吐きながら、上半身を右へ倒して10秒ほどキープ
  4. 鼻から息を吸いながら、体をまっすぐに戻します
  5. 今度は左手で右手の手首をつかみます
  6. 口から細く息を吐きながら、上半身を左へ倒して10秒ほどキープ
  7. 鼻から息を吸いながら、体をまっすぐに戻します

息を吸うときも吐くときもゆっくりと。体の側面がじわーっと伸びていくのを意識しながらおこないましょう。

あげた両手の位置を少しうしろにそって、胸が開くようにするのも効果的。たくさんの空気が肺に流れるようになって、呼吸が深くなります。

(2)手首を反対側へ伸ばす

手首のストレッチをする女性
  1. 右手をまっすぐ前に伸ばして、指先を下へ向けます
  2. 右手の指4本を左手で軽く持って、息を吐きながら手前に引いて10秒キープ
  3. 息を吸いながらゆっくりと手を戻します
  4. 反対の手も同様におこないましょう

デスクワークなどは指先は動かすものの、手首や腕はあまり動かしていません。このストレッチをおこなうと腕全体の筋肉がやわらいで疲れがとれやすくなります。

(3)犬と猫のポーズ

犬と猫のポーズ
  1. よつんばいになって(手は肩幅で足は腰幅)、背すじを伸ばします。
  2. 息を細く吐きながら、ゆっくり背骨をあげて背中を丸めていきます。おへそを見るような形であごを引いて首の後ろも伸ばして、10秒キープ。
  3. 息を吸いながら腰をそらしていきます。目線は正面を見ます。
  4. また息を吐きながら背中を丸めて10秒キープ、といったかたちで繰り返します。

背中は自律神経のかなめ。ストレスで自律神経が乱れている人は背中の筋肉がガチガチになりますが、このポーズをおこなうことで背中・肩・首がほぐれ、背骨もしなやかに動くようになります。

(4)股関節や足のストレッチ

足のストレッチをする女性

全身の筋肉の約70%が集まっているのが下半身。この筋肉や関節をほぐすことも自律神経を整える効果的な方法です。

上のイラストのように股関節を伸ばしたり、下のイラストのように太ももの筋肉を伸ばしたり。ふだんからストレッチや運動をしていない人は股関節が固まりがち。ゆっくりとほぐしてあげましょう。

自律神経を整えるストレッチ:まとめ

自律神経を整えるストレッチについてお伝えしました。

  • 自律神経を整えるのは静的ストレッチである
  • リラックス、眠り、疲労回復、冷え性改善の効果も期待できる
  • お風呂あがりと寝る前が効果的
  • ゆっくりと、息を吐きながら、伸ばした状態でキープ
  • 自律神経を整える4つのストレッチ

ストレスの毎日は筋肉を慢性的に固くするので、副交感神経がはたらきにくくなって疲労や不調の原因に。

ストレスをなくすことは難しくても、体をほぐすことはすぐに始められます。毎日の生活にストレッチを取り入れて、ストレスからあなたの体を守りましょう。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

背中から鉄板がとれたみたいに軽くなった!

ひどいコリで夜中にいつも目が覚めていたのに朝までぐっすり!

だるくてガチガチ。何を試してもダメだった私が1ヶ月でスッキリ!

不思議だけどスゴい!

ハーブエキスほか天然由来100%の全身用ジェル『 プアーナ 』。ただ塗るだけなのに、緊張した体がふわっとほぐれて軽やかに元気になります。

あなたも、疲れた重たい体から解放されますように。

プアーナ
プアーナ:くわしくは

タイトルとURLをコピーしました