納豆に生卵はホントにNG?効果的な食べ合わせ・食べ方をご紹介!

納豆に生卵は栄養をムダにする食べ合わせ

納豆に生卵をかけて食べていませんか?

納豆と生卵の食べ合わせは良くない、と言われることがあります。もっとも「体に良くない」のではなく「納豆のせっかくの栄養がもったいない」ということ。

でも、本当なのでしょうか?

そこで、

  • 納豆と生卵の食べ合わせはホントに良くないの?
  • 他によくないな食べ方は?
  • 最適な食べ合わせは?

についてお伝えします。

【関連記事】納豆を食べるなら夜!その理由と4つのNGな食べ方とは?

納豆と生卵で美肌・美髪効果がダウン?

納豆と生卵を一緒に食べると、美肌・美髪効果が低くなると言われています。

生卵の白身がビオチンの吸収を妨げる

納豆には「ビオチン(ビタミンB群の1種)」が含まれていて、肌や髪を美しくするはたらきがあります。

ここで、納豆と生卵を一緒に食べるとどうなるかというと……

生卵の「白身」には「アビジン」というたんぱく質の一種が含まれています。

このアビジンという成分が納豆のビオチンとくっついてしまって、ビオチンが吸収されにくくなる。

だから、納豆と生卵の食べ合わせはせっかくの栄養がもったいない、ということですね。

でも……

黄身だけならOK

納豆と黄身の食べ合わせ

納豆に含まれる美肌成分「ビオチン」の吸収をさまたげる「アビジン」は生卵の白身に含まれています。

たまごの「黄身」には含まれていません。ですので納豆と黄身の食べ合わせなら大丈夫。

納豆と生卵という食べ合わせがお好きでしたら、白身をのぞいて黄身だけを一緒に食べれば安心ですね。

と、ここで……

納豆に含まれる「ビオチン」の吸収がさまたげられることって、そんなに大変なことなのでしょうか?

「納豆と生卵の白身の食べ合わせは絶対ダメ!」というほどの影響があるのでしょうか?

そこで、ビオチンにはどんなはたらきがあるのか、ビオチンは私たちに足りていない栄養素なのか、についてお伝えします。

ビオチンのはたらき

ビオチンはビタミンB群のなかの1つ。ビタミンHとも呼ばれていて、水に溶ける水溶性のビタミンですね。

おもなはたらきはこちら。

  • 代謝を助けてエネルギー作りをサポート
  • 皮膚や粘膜の新陳代謝をたかめて健康的に
  • 肌荒れを防いで美しい肌づくりに
  • 頭皮を健康にして髪の毛に栄養を届ける
  • 脱毛や白髪を防いで美しい髪に

ビオチンは不足しやすい栄養素なの?

ビオチンは私たちに足りない栄養素なのかというと……

実は、ビオチンは一般的な生活をしていれば不足することはまずありません。

納豆は比較的ビオチンの多い食べ物ではありますが、ブロッコリー、里芋、枝豆、イワシ、サバなど、ほかにも多く含む食べ物はいろいろあります。

卵の黄身1個分にだって、納豆1パック分の2倍もビオチンが含まれています。

「納豆と生卵の白身との食べ合わせはダメ!」と神経質になるほどでもなく、好きな食べ方で食べてもよさそうですね。

ご参考までに、ビオチンの多い食べ物はこちらで紹介しています。
ビオチンの多い食べ物はコレ★1食分あたりで30位までランキング

ちなみに、ビオチンが不足しがちな人もいます。あてはまるようなら納豆と生卵の白身という食べ合わせは避けたほうがいいでしょう。

▼ ビオチンが不足しがちな人

  • 長い間、抗生物質を服用している
  • お酒をよく飲む
  • たばこをよく吸う
  • コーヒーをよく飲む
  • 乳製品のとりすぎ
  • 生卵の白身をたくさん食べる

納豆と生卵のほかにも、納豆の栄養がムダになってしまう食べ合わせがあるので、ご紹介します。

スポンサーリンク

そのほか納豆の栄養がムダになる2つの食べ方

納豆と生卵の食べ合わせのほかにも、せっかくの栄養がムダになってしまう食べ方があります。

冷蔵庫から出してすぐ食べるのはダメ

納豆といえばナットウキナーゼ。

血液をサラサラにして血栓ができるのを予防してくれる頼もしい栄養素です。

でも納豆が冷たい状態ではナットウキナーゼははたらきません。

なので冷蔵庫から出してすぐ食べるのはおすすめしません!

常温に戻せばナットウキナーゼがはたらき出すうえに、さらに発酵も進みます。冷蔵庫から出したら20分ほど常温においてから食べましょう。

熱々のごはんにのせるのはダメ

熱々のごはんに納豆をのせるのも、ナットウキナーゼのはたらきを弱くしてしまうもったいない食べ方。

ナットウキナーゼは50度以上ではたらきが弱くなって、70度以上で死んでしまいます。

もちろん、納豆をフライパンで一緒に炒める納豆チャーハンや納豆パスタも、ナットウキナーゼのはたらきを損ねるもったいない食べ方ですね。

なので、納豆は熱々のごはんとは別に食べる。熱々のごはんを茶碗によそって5分ほど待ってから納豆をのせる。といった食べ方がおすすめです。

納豆の栄養がもったいない食べ合わせを紹介しました。次は納豆の効果を高めるおすすめの食べ合わせをご紹介します。

スポンサーリンク

効果的な食べ合わせは?

納豆の健康効果を高める食べ合わせ。3つご紹介します。

ねぎ・ニラ・にんにく

納豆とネギの食べ合わせ

ねぎやニラやにんにくに多いのが「硫化アリル」。フィトケミカルの一種ですね。

硫化アリルが納豆に含まれているビタミンB1の吸収を高めてくれて、疲労を回復、イライラ解消、精神を安定、集中力を維持、といった効果を発揮します。

また、硫化アリル自体にもナットウキナーゼと同じように血液をサラサラにして血栓を予防するはたらきもあります。

納豆とねぎ・ニラ・にんにくの食べ合わせ、おすすめです。

梅干し

納豆と梅干しの食べ合わせ

梅干しのクエン酸も納豆のビタミンB1の吸収を高めてくれます。サッパリといただけるこの食べ合わせもいいですね。

キムチ

納豆とキムチの食べ合わせ

納豆とキムチも定番の食べ合わせ。発酵食品どうしの食べ合わせは効果もバツグン。

キムチの乳酸菌は納豆に含まれるオリゴ糖をエサにして、発酵食品たるはたらきがアップします。

スポンサーリンク

納豆と生卵の食べ合わせ:まとめ

納豆と生卵の食べ合わせはホントにダメなのか、そのほか栄養をムダにする食べ方、おすすめの食べ合わせについてお伝えしました。

納豆と生卵:生卵の白身の成分が納豆のビオチンの吸収をさまたげる。黄身だけなら問題なし。

ビオチン:一般的な生活なら不足することがない栄養素。黄身にもたっぷり。納豆と生卵の白身の食べ合わせはさほど気にしなくても大丈夫。

そのほか食べ方の注意点:冷蔵庫から出して20分ほど常温においてから食べよう。熱々のごはんにかけたり加熱して食べたりしない。

最適な食べ合わせ:ねぎ、ニラ、にんにく、梅干し、キムチなど

生卵との食べ合わせのマイナス面を気にする以上に、納豆には血栓予防や腸内環境などへの健康効果があふれています。

毎日の食生活にぜひ積極的に取り入れてみてくださいね。

どんより重たい、いつもガチガチ、いまひとつスッキリしない、という方には天然由来100%の全身用ジェル「プアーナ」もおすすめ。

長年のだるさ・ガチガチが1ヶ月で!
鉄板をおろしたみたいに体が軽い!
朝までぐっすりなんて久々でした!

ただ塗るだけで不思議なほどすばやくゆるんで、ハスの花の香りにやすらぎます。全国送料無料です。

軽やかな毎日へ♪プアーナはこちら >>

天然由来の全身用ジェル「プアーナ」

この記事の執筆者:株式会社ナチュラルハーモニー代表 斉藤豊
1995年、日本で栄養補助食品(サプリメント)がまだ一般的でない頃から販売業務に従事したことをきっかけに栄養学を学ぶ。以来、健康食品・健康器具・自然食品の販売など、健康・美容に関して約10年の業務経験とともに整体師から自律神経など体のしくみを学び、2006年に「健康通販」株式会社ナチュラルハーモニーを設立。
「自然のチカラで健康に元気になろう」をコンセプトに、当社オリジナルの全身用リラクゼーションジェル「プアーナ」をはじめ、有機野菜でdetox「野菜力で輝け」、日本産漢方の健康茶「浄活茶」、石油系成分など不使用の無添加ハミガキ粉「ジェムペースト」など、天然由来成分100%の健康商品・健康食品を販売して今年で17年目を迎える。

– – – – –
※参考サイト:文部科学省「食品成分データベース」、国立健康・栄養研究所「ビタミンC解説」、日本ナットウキナーゼ協会「ナットウキナーゼ」、「ナットウキナーゼFAQ

タイトルとURLをコピーしました