大根おろしを食べるタイミングはいつ?食前・食事中?朝・昼・夜?

大根おろしを食べるタイミングはいつ? 食べ物

大根おろしには、生活習慣病の予防、血液サラサラ、インフルエンザの予防ほか、たくさんの健康効果にあふれています。

そんな大根おろし、ぜひ効果の高いタイミングで食べたいですよね?

朝・昼・夜ならどのいつのタイミングがいいの? 食前と食事中ならどっち? など、大根おろしを食べるタイミングはいつがいいのか、お伝えします。

朝・昼・夜ならいつがいい?

まずは、朝・昼・夜なら、いつのタイミングに食べるのがいいのか、についてです。

結論は・・・

いつのタイミングでも大丈夫。1日3回食べても大丈夫!

大根おろしはいつ食べても大丈夫です。大根おろしにビタミンCや酵素が多く含まれていることを考えると、1日3回、つまり、食事のたびに大根おろしを食べられれば一番いいですね。

食前と食事中ならどっちがいい?

大根おろしのタイミングは食前?食事中?

次は、食前がいいのか、食事中がいいのか、ですね。

大根ダイエットなどでは「食前がおすすめ」といった情報もありますが、胃腸への刺激を考えると、大根おろしは食事中がおすすめ です。

なぜなら・・・

大根おろしには消化酵素が豊富。

空腹時に大根おろしを食べると、胃酸が出過ぎて胃への刺激が強くなりすぎてしまいます。胃が痛くなる、吐き気をもよおす、下痢になる、という方もいらっしゃいます。

ですので、大根おろしも、大根おろしの汁も、食事中に食べるのがおすすめのタイミングです。

おろしたらすぐに食べよう

大根おろしはすぐ食べて!栄養が逃げちゃうよ!

大根おろしは作ったらすぐに食べるのが大切なポイント。その理由は・・・

栄養がどんどん逃げていくから。

炭水化物を分解する酵素「アミラーゼ(ジアスターゼ)」は時間が経つととも酸化していきます。

大根に豊富な「ビタミンC」も、時間ととも酸化してしまいます。

そしてなんといっても、大根おろしのズバ抜けた健康効果を発揮してくれる「イソチオシアネート」は揮発性の成分。空気中にどんどん逃げていってしまいます。

イソチオシアネート、たった15分で半分にまで減ってしまう とも言われているんです。

大根おろしに含まれるせっかくの栄養が逃げてしまわないように、おろしたら早めに食べるのが最適なタイミングなのです。

ただ、空腹時の大根おろしは胃に刺激が強くなってしまうので・・・

いただきますをする
→ すこしおかずやごはんを食べる
→ 大根おろしを作りに行く
→ 食事しながら合い間に大根おろしやその汁を食べる

このようなタイミングで、胃に刺激を与えないように食事をしながら大根おろしを召し上がってください。

大根おろしを食べるタイミング:まとめ

大根おろしを食べるタイミングはいつが最適なのかについてお伝えしました。

  • 朝・昼・夜はいつでも大丈夫。毎食でもOK。
  • 空腹時ではなく、食事をしながらがおすすめ
  • 栄養が逃げないよう、おろしたら早めに食べる

栄養も健康効果も凝縮された大根おろし。せっかくの栄養が逃げないように、胃に負担をかけないように、お伝えしたタイミングで召し上がってください。

タイトルとURLをコピーしました